忍者ブログ

宇治拾遺物語 現代語訳ブログ

中世日本の説話物語集「宇治拾遺物語」を現代語にして行く適当な個人ブログです。
順番に宇治拾遺物語の現代語訳・口語訳を載せて行って、、、完結しました!

【→詳細な目次ページ 】

ブログ内検索
最新記事
■宇治拾遺物語現代語訳 詳細目次

最新コメント



[06/15  tuzimoto]
[03/20  ]
[03/20  時代錯誤]
[03/18  チョフン]
[10/06  ayamarido]
適当訳者紹介
名前:あやまり堂
小説を書いています。
homepage
訪問者数
 
 
※おしらせ:Amazon Kindleでわたくし版「宇治拾遺物語」現代語訳第11巻を発売しました。(2016/03/09 記事更新)
わたくし版「宇治拾遺物語現代語訳」第10巻を発売しました。(2015/08/21 記事更新)
「第22回九州さが大衆文学賞」を受賞しましたー! 受賞作は、小説NON 2015年 07 月号 [雑誌] に掲載。
全話完訳を喜んで、あたくしのKDP小説無料キャンペーンやります! 詳細はホームページに。(2013/10/16)
目次・一覧を更新しました。(2013/8/5)
わたくし版「方丈記」現代語訳Amazon Kindle にあります。
適当訳者主催「てきすぽどーじん秀作撰」Amazon Kindle で販売中です!
SF往復書簡集「月と地球と」Amazon Kindle で販売中
目次・一覧を更新しました。(2013/2/8)
宇治拾遺とは関係ないですが、小説雑誌をつくってみました。(2012/10/31)
目次・一覧を更新しました。(2012/10/16)
目次・一覧を更新しました。(2012/07/17)
20万アクセスを超えてましたー。(2012/05/23)
ツイッタとかfacebookとかのボタンを設置してみました!(2012/03/01)
【宇治拾遺物語 総目次】 【このブログについて】
  
わたくし版現代語訳 目次
第一巻
(序) 宇治拾遺物語について
(1) 道命阿闍梨読経し五條道祖神聴聞する事
(2) 丹波国篠村、平茸のこと
(3) 鬼にこぶとらるる事(前半)(後半)
(4) 伴大納言の事
(5) 隨求陀羅尼を額に籠める法師の事
(6) 玉茎検知のこと
(7) 鹿の身代わり
(8) 易の占、金取出す事
(9) 宇治殿倒れさせ給いて実相房僧正験者に召るる事
(10) 秦兼久、通俊卿に向いて悪口の事
(11) 一生不犯僧
(12) 児のかいもちひするに空寝したる事
(13) 田舎児桜散みて泣く事
(14) 小藤太、婿におどさる
(15) 大童子鮭ぬすみたる事
(16) 尼、地蔵を見奉る事
(17) 修行者、百鬼夜行に遭うこと
(18) 利仁芋粥の事 (上) (中) (下)
休題閑話 第一巻の適当訳後記

第二巻
(19) 清徳聖、奇特の事
(20) 静観僧正祈る、雨を法験の事
(21) 静観僧正、大嶽の岩祈り失ふ事
(22) 金峰山の金箔打ち
(23) 紀用経の荒巻鯛 (前半) (後半)
(24) 厚行、死人を家より出すこと
(25) 鼻長僧の事(前半) (後半)
(26) 晴明、蔵人少将を封ずる事
(27) 季通、災いに遭はむとする事(前半) (後半)
(28) 袴垂、保昌に会う事
(29) あきひら欲合殃事
(30) 唐卒都婆、血つく事
(31) 成村、強力の学士に会う事
(32) 柿の木に仏現ずる事
休題閑話 第二巻の適当訳後記

第三巻
(33) 大太郎盗人事(前半) (後半)
(34) 藤大納言忠家物言女、放屁の事
(35) 小式部内侍定頼卿の経にめでたる事
(36) 山ぶし舟祈返事
(37) 鳥羽僧正与国俊たはぶれ(前半) (後半)
(38) 絵仏師良秀家の焼をみてよろこぶこと
(39) 虎の鰐取たる事
(40) 樵夫、歌の事
(41) 伯母の事(前半) (後半)
(42) 同人仏事事
(43) 藤六の事
(44) 多田しんぼち郎等事
(45) いなばの国別当地蔵作さす事
(46) 臥見修理大夫俊綱事
(47) 長門前司女さうそうの時本所にかへる事
(48) 雀報恩事(上) (中) (下)
(46) 小野篁、広才の事
(50) 平貞文・本院侍従事(前半) (後半)
(51) 一条摂政歌事
(52) 狐家に火つくる事
休題閑話 第三巻の適当訳後記

第四巻
(53) 狐人につきてしとぎ食う事
(54) 左渡国に金ある事
(55) 薬師寺別富事
(56) 妹背嶋の事
(57) 石橋の下の蛇の事(前半) (後半)
(58) 東北院の菩提講の聖の事
(59) 三川の入道遁世の事(前半) (後半)
(60) 進命婦清水寺参事
(61) 業遠朝臣蘇生の事
(62) 篤昌忠恒等の事
(63) 後朱雀院丈六の佛作り奉り給ふ事
(64) 式部大輔実重賀茂の御正体拝み奉る事
(65) 智海法印癩人法談の事
(66) 白河院おそはれ給ふ事
(67) 永超僧都魚食ふ事
(68) 了延に実因湖水の中より法文の事
(69) 慈恵僧正戒壇築かれたる事
休題閑話 第四巻の適当訳後記

第五巻

(70) 四宮河原地蔵の事
(71) 伏見修理大夫の許へ殿上人ども行き向う事
(72) 以長、物忌の事
(73) 範久阿闍梨、西方を後にせぬ事
(74) 陪従家綱行綱、互ひに謀りたる事(前半) (後半)
(75) 同清仲の事
(76) 仮名暦あつらへたる事
(77) 実子にあらざる子の事(前半) (後半)
(78) 御室戸僧正事、一乗寺事(前半) (後半)
(79) ある僧人の許にて氷魚盗み食ひたる事
(80) 仲胤僧都、地主權現説法の事
(81) 大二条殿に小式部内侍歌読みかけ奉る事
(82) 山横川賀能地蔵の事
休題閑話 第五巻の適当訳後記

第六巻

(83) 広貴、炎魔王宮へ召る事
(84) 世尊寺に死人掘出す事
(85) 留志長者の事(前半) (後半)
(86) 清水寺に二千度参詣する者、双六に打入るる事
(87) 観音経、蛇に化して人輔け給う事(前半) (後半)
(88) 賀茂社より御幣紙米等給う事
(89) 信濃国筑摩湯に観音沐浴の事
(90) 帽子の叟、孔子と問答の事
(91) 僧伽多、羅刹国に行く事(上) (中) (下)
休題閑話 第六巻の適当訳後記

第七巻
(93) 五色の鹿の事(前半)(後半)
(93) 播磨守爲家の侍の事(前半)(後半)
(93) 三條の中納言水飯の事
(94) 検非違使、忠明の事
(95) 長谷寺参籠の男、利生に預る事
(96) 小野宮大饗の事、西宮殿富子路の大臣大饗の事(上)(中)(下)
(97) 式成、満、則員等三人滝口、弓芸の事
休題閑話 第七巻の適当訳後記

第八巻
(99) 大膳大夫以長、先駆の間の事
(100) 下野武正、大風雨日、参法性寺殿事
(101) 信濃国の聖の事(上)(中)(下)
(102) 敏行の朝臣の事(上)(中)(下)
(103) 東大寺華厳会の事
(104) 猟師仏を射る事
(105) 千手院僧正仙人
休題閑話 第八巻の適当訳後記

第九巻
(106) 滝口道則、術を習う事(上)(下)
(107) 宝志和尚、影の事
(108) 越前敦賀の女、観音たすけ給ふ事(1) (2)(3) (4)
(109) くうすけが佛供養の事(上) (中)(下)
(110) 恒正が郎等佛供養の事(上)(下)
(111) 歌よみて罪をゆるさるる事
(112) 大安寺別當女に嫁する男、夢見る事
(113) 博打聟入の事
休題閑話 第九巻の適当訳後記
 
第十巻
(114) 伴大納言応天門を焼く事(上)(下)
(115) 放鷹楽明暹に是季がならふ事
(116) 堀河院明暹に笛ふかさせ給ふ事
(117) 浄蔵が八坂坊に強盗入る事
(118) 播磨守定輔が事(上)(下)
(119) 吾妻人生贄を止むる事(1)(2)(3)(4)
(120) 豊前王の事
(121) 蔵人頓死の事
(122) 小槻当平の事
(123) 海賊発心出家の事(上)(中)(下)
休題閑話 第十巻の適当訳後記
 
第十一巻
(124) 青常の事(上)(下)
(125) 保輔盗人たる事
(126) 晴明を心みる僧の事
(127) 晴明蛙を殺す事
(128) 河内守頼信平忠恒をせむる事(上)(下)
(129) 白河法皇北面受領の下りのまねの事
(130) 蔵人得業猿沢池の竜の事
(131) 清水寺御帳たまはる女の事
(132) 則光盗人をきる事(上)(上)
(133) 空入水したる僧の事
(134) 日蔵上人吉野山にて鬼に逢ふ事
(135) 丹後守保昌下向の時致経父に逢ふ事
(136) 出家功徳の事

休題閑話 「今は昔」について
 
第十二巻
(137) 達磨天竺の僧の行を見る事
(138) 提婆菩薩竜樹菩薩の許に参る事
(139) 慈恵僧正受戒の日を延引する事
(140) 内記上人法師陰陽師の紙冠を破る事
(141) 持経者叡実効験の事
(142) 空也上人臂観音院僧正祈りなほす事
(143) 僧賀上人三条の宮に参り振舞の事
(144) 聖宝僧正一条大路をわたる事
(145) 穀断の聖不実露顕の事
(146) 季直少将歌の事
(147) 樵夫小童隠題歌よむ事
(148) 高忠侍歌よむ事
(149) 貫之歌の事
(150) 東人歌の事
(151) 河原院に融公の霊住む事
(152) 八歳童孔子と問答の事
(153) 鄭太尉の事
(154) 貧俗仏性を観じて富める事
(155) 宗行郎等虎を射る事(上)(下)
(156) 遣唐使の子虎に食はるる事


第十三巻
(161) 上緒の主金を得る事
(162) 元輔落馬の事
(163) 俊宣迷神にあふ事
(164) 亀を買ひてはなす事
(165) 夢買ふ人の事
(166) 大井光遠の妹強力の事
(167) 或唐人、女のひつじに生れたる知らずして殺す事
(168) 出雲寺別当の鯰になりたるを知りながら殺して食ふ事
(169) 念仏の僧魔往生の事
(170) 慈覚大師纐纈城に入り給ふ事
(171) 渡天の僧穴に入る事
(172) 寂昭上人鉢をとばす事
(173) 清滝川聖の事
(174) 優婆崛多弟子の事

休題閑話 第十三巻の適当訳後期


第十四巻
(175) 海雲比丘弟子童の事
(176) 寛朝僧正勇力の事
(177) 頼経蛇に逢ふ事
(178) 魚養の事
(179) 新羅国の后金榻の事
(180) 珠の価量り無き事
(181) 北面女雑使六の事
(182) 仲胤僧都連歌の事
(183) 大将つつしみの事
(184) 御堂関白御犬晴明等きどくの事
(185) 高階俊平が弟入道算術の事

休題閑話 第十四巻の適当訳後期


第十五巻
(186) 清見原天皇大友皇子と合戦の事
(187) 頼時が胡人見たる事
(188) 賀茂祭のかへり武正兼行御覧の事
(189) 門部府生海賊射かへす事
(190) 土佐の判官代通清、人たがひして関白殿に逢ひ奉る事
(191) 極楽寺僧仁王経を施す事
(192) 伊良縁の世恒毘沙門御下文の事
(193) 相応和尚都卒天にのぼる事附染殿の后祈り奉る事(上)(下)
(194) 仁戒上人往生の事
(195) 秦始皇天竺より来たる僧禁獄の事
(196) 後の千金の事
(197) 盗跖孔子と問答の事

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




最初から

 さて、長櫃に隠れた板東武者。
 刀を差し、ひそかに穴を開けて見れば、
 社殿には、実に何とも言えぬほどの、大きな、体長七八尺すなわち2メートル余りの大猿が、
 奥の上座に座っているのであった。

 顔と尻とを真っ赤に、大猿は、むしった綿花を着たようにぼうぼうと、
 真っ白な毛を全身に生やしている。
 左右には、200匹ばかりもの猿が居並んで、
 さまざまに顔を赤くし、眉をつり上げ、口々に鳴き叫びながら、騒いでいたのである。

 さらに見れば、目の前には、たいそう大きなまな板に、
 長大な包丁刀が添えて、置いてあり、
 傍らに、酢、酒、塩といったものを入れた瓶らしきものが、無数に並べられている。

 と、しばらくの後。
 上座の大猿が近寄り、長櫃の結び目を解いて、蓋を開けようとした。
 と、従う猿どもがみな寄ってくるので、板東武者はひとこと、
「犬ども、食いかかれ」
 と言うや、二匹の犬が躍り出て、大ざるへ食らいつき、
 打ち据え、引き倒してまさに食い殺そうとするところへ、
 男は髪を振り乱して飛び出し、氷のごとき刃を抜くや、
 この大猿を、まな板の上に引き伏せて首に刀を押し当てたのである。

「おのれが人間の命を絶ち、その肉体を食らうということは、こういうことだ。
 その報いを自ら受けよ。ここで確かに生首を切り落とし、犬の餌にしてくれるぞ」
 このように言えば、大猿は顔を赤く、目を何度もしばたたかせ、
 さらには真っ白な歯を出し、目からは血の涙を流すという、実にあさましい顔つきで、
 手をすり悲しんだが、男は許さず、

「おのれが、実に多年に渡って人の子を食い、人の種を絶ってきたかわりに、
 今ここで、そのくそ首を斬り捨てにしてくれるのだ。
 それが嫌なら、おのれの分際で、わしを殺せ。構わぬぞ」
 とは言いながら、さすがに首をいきなり刎ねることはしなかった。

 そうしているうちに、二匹の犬に追われて、多くの猿どもはみな木の上に逃げ惑い、
 大騒ぎして叫び罵るので、その騒ぎは山中に響き、大地にもこだました。

 この時、一人の神主が神がかりになって、
「今日より先、決して決して、この生け贄ということはしない。
 もうずっと止める。人を殺すことには、ほとほと懲りた。
 命を絶つことも、今より末永く、することはない。
 またわしにこのような真似をしたからあの男をどうするとか、
 今日の生け贄に当った人間の縁者を悪いようにすることはない。
 謝罪し、二人の子孫の末々に至るまで、わしが守りとらせる。
 だから早く早く、今回のわが命を助けとらせよ。まことにつらいから。わしを助けよ」

 そう言うので、宮司や神主をはじめ、多くの者たちが驚き、
 社の中へ入り、大騒ぎのうちに、板東武者へ手を摺り合わせて、
「道理はたしかにその通りである。だが、御神をどうか許したまえ。
 御神からもよくよく仰せがあったから」
 と言うが、板東武者の方は、
「そのように許してはならぬ。
 人の命を絶ち、殺す奴なれば、此奴にも、もののあわれを知らしめてやるのだ。
 我が身は構わぬ。殺されようが苦しくもなし」
 と言い、決して許さなかった。

 こうなれば、もはや猿の首も切り離されるだけと見えるから、
 宮司も手をこまねき、為す術なく、荘厳な誓いなども立てて、祈り上げると、
「今より後は、このようなことは、決して、決してするものではない」
 と、神も自ら口にするから、
「ならばよし。今より後は、このようなことをするでないぞ」
 と言い含めて、許したのであった。

 すなわち、これより後は、すべて、人を生け贄に捧げる必要がなくなったのである。

 そうして、その板東武者は家に帰り、妻とも実にむつまじく愛しあい、
 似合いの夫婦となって過したという。
 この男は実は、さる由緒ある人の末であったから、
 身分もある、ほどの良い暮しの中で、過したのであった。

 そしてそれから先、その国では、猪や鹿を生け贄にするようになったという。





原文
吾妻人、生贄をとゞむる事(つづき・終)
さるほどにこの櫃の刀の先して密に穴を開けて東人見ければ、誠にえも云はず大きなる猿の長七八尺ばかりなる、顔と尻とは赤くしてむしり綿を著たるやうに、いらなく白きが毛は生ひ上がりたるさまにて横座に居たり。次々の猿ども左右に二百ばかり並居てさまざまに顔を赤くなし、眉を上げ声々泣き叫び喧騒る。いと大きなる俎に長やかなる包丁刀を具して置きたり。めぐりには酢酒塩入りたる瓶どもなめりと見ゆる数多置きたり。
さて暫しばかりあるほどにこの横座に居たるをけ猿寄り来て長櫃の結緒をときて蓋を開けんとすれば、次々の猿ども皆寄らんとするほどにこの男、「犬ども食へ、おのれ」と云へば二つの犬跳り出でて中に大きなる猿を食ひて打ち伏せて引きはりて食ひ殺さんとするほどに、この男髪を乱りて櫃より跳り出でて氷のやうなる刀を抜きて、その猿を俎の上に引き伏せて首に刀を当てて云ふやう、「吾己が人の命を絶ち、そのしゝむらを食などする物は、かくぞある。おのづから、うけたまはれ。たしかにしやくび切りて、犬にかひてん」といへば、顏を赤くなして、目をしばたゝきて、歯をま白にくひ出して、目より血の涙をながして、まことにあさましき顏つきして、手をすりかなしめども、さらにゆるさずして、「おのれが、そこばくのおほくの年比、人の子どもをくひ、人の種を絶つかはりに、しや頭きりて捨てん事、唯今にこそあれ。おのれが身、さらば、我をころせ。更に苦しからず」といひながら、さすがに、首をばとみに切りやらず。さるほどに、この二の犬どもに追はれて、おほくの猿ども、みな木のうへに逃のぼり、まどひだわぎ、さけびのゝしるに、山もひゞきて、地もかへりぬべし。
かゝるほどに、一人の神主の神つきて、いふやう、「けふより後、更にさらにこの生贄をせじ。長くとゞめてん。人をころすこと、こりともこりぬ。命を絶つ事、今よりながくし侍らじ。又我をかくしつとて、此男とかくし、又けふの生贄にあたりつるの人ゆかりを、れうじはづらはすべからず。あやまりて、その人の子孫のすゑずゑにいたるまで、我、まもりとならん。たゞとくとく、このたびの我命を乞ひうけよ。いとかなし。われをたすけよ」とのたまへば、宮司、神主よりはじめて、おほくの人ども、おどろくをなして、みな社のうちに入たちて、さわぐあわてて、手をすりて、「ことわりおのづからさぞ侍る。たゞ御神にゆるし給へ。御神もよくぞ仰らるゝ」といへども、このあづま人、「さなゆるされそ。人のいのちをたちころす物なれば、きやつに、もののわびしさ知らさんと思ふ也。わが身こそあなれ。たゞ殺されん、くるしからず」といひて、更にゆるさず。かゝるほどに、この猿の首は、きりはなたれぬと見ゆれば、宮司(つかさ)も手もどひして、まことにすべき方なければ、いみじき誓言(ちかごと)どもをたてて、祈申て、「今よりのちは、かゝること、更に更にすべからず」など、神もいへば、「さらばよしよし。いまより後は、かゝることなせそ」と、いひふくめてゆるしつ。さてそれより後は、すべて、人を生贄にせずなりにけり。
さてその男、家にかへりて、いみじう男女あひ思ひて、年ごろの妻夫(めおと)になりて、すぐしけり。男はもとより故ありける人の末んありければ、口惜しからぬさまにて侍りけり。其後は、その國に、猪、鹿をなん生贄にし侍けるとぞ。



適当役者の呟き:
長かった!
でも、生贄を待ち構える猿どもや、人間側の儀式など、相当興奮します。

横座:
畳や敷物を横に敷いて設けた正面の席。上座。

しゃ頭、しゃ首:
時代小説などには、今でもギリギリ出てくるかと思います。何かを罵倒するときに、頭にくっつける気合の言葉ですね。しゃっ首。適当訳では、「くそ首」とか書いてます。










拍手[7回]

PR


記事にコメントを残す
名前
コメント
編集用   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]