忍者ブログ

宇治拾遺物語 現代語訳ブログ

中世日本の説話物語集「宇治拾遺物語」を現代語にして行く適当な個人ブログです。
順番に宇治拾遺物語の現代語訳・口語訳を載せて行って、、、完結しました!

【→詳細な目次ページ 】

ブログ内検索
最新記事
■宇治拾遺物語現代語訳 詳細目次

最新コメント



[06/15  tuzimoto]
[03/20  ]
[03/20  時代錯誤]
[03/18  チョフン]
[10/06  ayamarido]
適当訳者紹介
名前:あやまり堂
小説を書いています。
homepage
訪問者数
 
 
※おしらせ:Amazon Kindleでわたくし版「宇治拾遺物語」現代語訳第11巻を発売しました。(2016/03/09 記事更新)
わたくし版「宇治拾遺物語現代語訳」第10巻を発売しました。(2015/08/21 記事更新)
「第22回九州さが大衆文学賞」を受賞しましたー! 受賞作は、小説NON 2015年 07 月号 [雑誌] に掲載。
全話完訳を喜んで、あたくしのKDP小説無料キャンペーンやります! 詳細はホームページに。(2013/10/16)
目次・一覧を更新しました。(2013/8/5)
わたくし版「方丈記」現代語訳Amazon Kindle にあります。
適当訳者主催「てきすぽどーじん秀作撰」Amazon Kindle で販売中です!
SF往復書簡集「月と地球と」Amazon Kindle で販売中
目次・一覧を更新しました。(2013/2/8)
宇治拾遺とは関係ないですが、小説雑誌をつくってみました。(2012/10/31)
目次・一覧を更新しました。(2012/10/16)
目次・一覧を更新しました。(2012/07/17)
20万アクセスを超えてましたー。(2012/05/23)
ツイッタとかfacebookとかのボタンを設置してみました!(2012/03/01)
【宇治拾遺物語 総目次】 【このブログについて】
  
わたくし版現代語訳 目次
第一巻
(序) 宇治拾遺物語について
(1) 道命阿闍梨読経し五條道祖神聴聞する事
(2) 丹波国篠村、平茸のこと
(3) 鬼にこぶとらるる事(前半)(後半)
(4) 伴大納言の事
(5) 隨求陀羅尼を額に籠める法師の事
(6) 玉茎検知のこと
(7) 鹿の身代わり
(8) 易の占、金取出す事
(9) 宇治殿倒れさせ給いて実相房僧正験者に召るる事
(10) 秦兼久、通俊卿に向いて悪口の事
(11) 一生不犯僧
(12) 児のかいもちひするに空寝したる事
(13) 田舎児桜散みて泣く事
(14) 小藤太、婿におどさる
(15) 大童子鮭ぬすみたる事
(16) 尼、地蔵を見奉る事
(17) 修行者、百鬼夜行に遭うこと
(18) 利仁芋粥の事 (上) (中) (下)
休題閑話 第一巻の適当訳後記

第二巻
(19) 清徳聖、奇特の事
(20) 静観僧正祈る、雨を法験の事
(21) 静観僧正、大嶽の岩祈り失ふ事
(22) 金峰山の金箔打ち
(23) 紀用経の荒巻鯛 (前半) (後半)
(24) 厚行、死人を家より出すこと
(25) 鼻長僧の事(前半) (後半)
(26) 晴明、蔵人少将を封ずる事
(27) 季通、災いに遭はむとする事(前半) (後半)
(28) 袴垂、保昌に会う事
(29) あきひら欲合殃事
(30) 唐卒都婆、血つく事
(31) 成村、強力の学士に会う事
(32) 柿の木に仏現ずる事
休題閑話 第二巻の適当訳後記

第三巻
(33) 大太郎盗人事(前半) (後半)
(34) 藤大納言忠家物言女、放屁の事
(35) 小式部内侍定頼卿の経にめでたる事
(36) 山ぶし舟祈返事
(37) 鳥羽僧正与国俊たはぶれ(前半) (後半)
(38) 絵仏師良秀家の焼をみてよろこぶこと
(39) 虎の鰐取たる事
(40) 樵夫、歌の事
(41) 伯母の事(前半) (後半)
(42) 同人仏事事
(43) 藤六の事
(44) 多田しんぼち郎等事
(45) いなばの国別当地蔵作さす事
(46) 臥見修理大夫俊綱事
(47) 長門前司女さうそうの時本所にかへる事
(48) 雀報恩事(上) (中) (下)
(46) 小野篁、広才の事
(50) 平貞文・本院侍従事(前半) (後半)
(51) 一条摂政歌事
(52) 狐家に火つくる事
休題閑話 第三巻の適当訳後記

第四巻
(53) 狐人につきてしとぎ食う事
(54) 左渡国に金ある事
(55) 薬師寺別富事
(56) 妹背嶋の事
(57) 石橋の下の蛇の事(前半) (後半)
(58) 東北院の菩提講の聖の事
(59) 三川の入道遁世の事(前半) (後半)
(60) 進命婦清水寺参事
(61) 業遠朝臣蘇生の事
(62) 篤昌忠恒等の事
(63) 後朱雀院丈六の佛作り奉り給ふ事
(64) 式部大輔実重賀茂の御正体拝み奉る事
(65) 智海法印癩人法談の事
(66) 白河院おそはれ給ふ事
(67) 永超僧都魚食ふ事
(68) 了延に実因湖水の中より法文の事
(69) 慈恵僧正戒壇築かれたる事
休題閑話 第四巻の適当訳後記

第五巻

(70) 四宮河原地蔵の事
(71) 伏見修理大夫の許へ殿上人ども行き向う事
(72) 以長、物忌の事
(73) 範久阿闍梨、西方を後にせぬ事
(74) 陪従家綱行綱、互ひに謀りたる事(前半) (後半)
(75) 同清仲の事
(76) 仮名暦あつらへたる事
(77) 実子にあらざる子の事(前半) (後半)
(78) 御室戸僧正事、一乗寺事(前半) (後半)
(79) ある僧人の許にて氷魚盗み食ひたる事
(80) 仲胤僧都、地主權現説法の事
(81) 大二条殿に小式部内侍歌読みかけ奉る事
(82) 山横川賀能地蔵の事
休題閑話 第五巻の適当訳後記

第六巻

(83) 広貴、炎魔王宮へ召る事
(84) 世尊寺に死人掘出す事
(85) 留志長者の事(前半) (後半)
(86) 清水寺に二千度参詣する者、双六に打入るる事
(87) 観音経、蛇に化して人輔け給う事(前半) (後半)
(88) 賀茂社より御幣紙米等給う事
(89) 信濃国筑摩湯に観音沐浴の事
(90) 帽子の叟、孔子と問答の事
(91) 僧伽多、羅刹国に行く事(上) (中) (下)
休題閑話 第六巻の適当訳後記

第七巻
(93) 五色の鹿の事(前半)(後半)
(93) 播磨守爲家の侍の事(前半)(後半)
(93) 三條の中納言水飯の事
(94) 検非違使、忠明の事
(95) 長谷寺参籠の男、利生に預る事
(96) 小野宮大饗の事、西宮殿富子路の大臣大饗の事(上)(中)(下)
(97) 式成、満、則員等三人滝口、弓芸の事
休題閑話 第七巻の適当訳後記

第八巻
(99) 大膳大夫以長、先駆の間の事
(100) 下野武正、大風雨日、参法性寺殿事
(101) 信濃国の聖の事(上)(中)(下)
(102) 敏行の朝臣の事(上)(中)(下)
(103) 東大寺華厳会の事
(104) 猟師仏を射る事
(105) 千手院僧正仙人
休題閑話 第八巻の適当訳後記

第九巻
(106) 滝口道則、術を習う事(上)(下)
(107) 宝志和尚、影の事
(108) 越前敦賀の女、観音たすけ給ふ事(1) (2)(3) (4)
(109) くうすけが佛供養の事(上) (中)(下)
(110) 恒正が郎等佛供養の事(上)(下)
(111) 歌よみて罪をゆるさるる事
(112) 大安寺別當女に嫁する男、夢見る事
(113) 博打聟入の事
休題閑話 第九巻の適当訳後記
 
第十巻
(114) 伴大納言応天門を焼く事(上)(下)
(115) 放鷹楽明暹に是季がならふ事
(116) 堀河院明暹に笛ふかさせ給ふ事
(117) 浄蔵が八坂坊に強盗入る事
(118) 播磨守定輔が事(上)(下)
(119) 吾妻人生贄を止むる事(1)(2)(3)(4)
(120) 豊前王の事
(121) 蔵人頓死の事
(122) 小槻当平の事
(123) 海賊発心出家の事(上)(中)(下)
休題閑話 第十巻の適当訳後記
 
第十一巻
(124) 青常の事(上)(下)
(125) 保輔盗人たる事
(126) 晴明を心みる僧の事
(127) 晴明蛙を殺す事
(128) 河内守頼信平忠恒をせむる事(上)(下)
(129) 白河法皇北面受領の下りのまねの事
(130) 蔵人得業猿沢池の竜の事
(131) 清水寺御帳たまはる女の事
(132) 則光盗人をきる事(上)(上)
(133) 空入水したる僧の事
(134) 日蔵上人吉野山にて鬼に逢ふ事
(135) 丹後守保昌下向の時致経父に逢ふ事
(136) 出家功徳の事

休題閑話 「今は昔」について
 
第十二巻
(137) 達磨天竺の僧の行を見る事
(138) 提婆菩薩竜樹菩薩の許に参る事
(139) 慈恵僧正受戒の日を延引する事
(140) 内記上人法師陰陽師の紙冠を破る事
(141) 持経者叡実効験の事
(142) 空也上人臂観音院僧正祈りなほす事
(143) 僧賀上人三条の宮に参り振舞の事
(144) 聖宝僧正一条大路をわたる事
(145) 穀断の聖不実露顕の事
(146) 季直少将歌の事
(147) 樵夫小童隠題歌よむ事
(148) 高忠侍歌よむ事
(149) 貫之歌の事
(150) 東人歌の事
(151) 河原院に融公の霊住む事
(152) 八歳童孔子と問答の事
(153) 鄭太尉の事
(154) 貧俗仏性を観じて富める事
(155) 宗行郎等虎を射る事(上)(下)
(156) 遣唐使の子虎に食はるる事


第十三巻
(161) 上緒の主金を得る事
(162) 元輔落馬の事
(163) 俊宣迷神にあふ事
(164) 亀を買ひてはなす事
(165) 夢買ふ人の事
(166) 大井光遠の妹強力の事
(167) 或唐人、女のひつじに生れたる知らずして殺す事
(168) 出雲寺別当の鯰になりたるを知りながら殺して食ふ事
(169) 念仏の僧魔往生の事
(170) 慈覚大師纐纈城に入り給ふ事
(171) 渡天の僧穴に入る事
(172) 寂昭上人鉢をとばす事
(173) 清滝川聖の事
(174) 優婆崛多弟子の事

休題閑話 第十三巻の適当訳後期


第十四巻
(175) 海雲比丘弟子童の事
(176) 寛朝僧正勇力の事
(177) 頼経蛇に逢ふ事
(178) 魚養の事
(179) 新羅国の后金榻の事
(180) 珠の価量り無き事
(181) 北面女雑使六の事
(182) 仲胤僧都連歌の事
(183) 大将つつしみの事
(184) 御堂関白御犬晴明等きどくの事
(185) 高階俊平が弟入道算術の事

休題閑話 第十四巻の適当訳後期


第十五巻
(186) 清見原天皇大友皇子と合戦の事
(187) 頼時が胡人見たる事
(188) 賀茂祭のかへり武正兼行御覧の事
(189) 門部府生海賊射かへす事
(190) 土佐の判官代通清、人たがひして関白殿に逢ひ奉る事
(191) 極楽寺僧仁王経を施す事
(192) 伊良縁の世恒毘沙門御下文の事
(193) 相応和尚都卒天にのぼる事附染殿の后祈り奉る事(上)(下)
(194) 仁戒上人往生の事
(195) 秦始皇天竺より来たる僧禁獄の事
(196) 後の千金の事
(197) 盗跖孔子と問答の事

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




【ひとつ戻る】

 
 その晩は途中泊まりで翌朝、
 早くから道程をつづけるうちに、巳の時ごろになって、
 向うから、三十騎ばかりの人たちがやって来るのが見えた。
「迎えの者が来たようですね」
「いや、まさか違うでしょう」
 と言ううちに、だんだんと近づいてきた連中が、
 ばらばらと馬から降りて、
「おお、やはりここへおいででござった」
 というので、利仁は微笑みつつ、現れた連中へ、
「おい、どうしたというのだ」
「それが、実に不思議なことがありまして」
「予備の馬は引き連れているか」
「二頭ございます」

 家人たちは、食べ物なども用意してきたから、二人は馬から降り、
 食べ始めたが、そのうちに年上の郎党が、
「夕べ、実に不思議なことがございました。
 戌の刻でしたか、奥方様がにわかに、胸がきりきり痛むと仰せになり、
 これはどうしたことか、医者を呼べ、僧侶を呼べと、
 それはもう、大騒ぎになりましたところ、奥方様が自ら、
『騒がれませぬように。私は狐です。害意はございません
 ――実は今日、三津浜でこちらの殿様のお目にとまり、
 逃げようとしましたが逃げ切れず、捕らえられた後、
「今日中にわしの実家へ行き、急に客人をお連れするゆえ、
 明日の巳の時に、高嶋辺りまで鞍を置いた馬を2頭ほど連れて、
 迎えに出るよう告げよ」と仰います。
「もし今日中に告げられなければ、ひどい目に遭わせるぞ」
 とも仰いますので、どうか皆様、これからすぐご出発ください。
 もし遅れるようなことがありましたら、私がきつく叱られます』
 と、恐怖しつつも話しますので、こうして郎党どもを召し連れ、
 ここへ朝鳥とともに参ったような次第です」

 そんな話に、利仁はニヤリとしたが、
 五位は完全に呆気にとられて言葉もない。

 さて、食べ終って早々に出立して、
 ようやく、暗くなったころに利仁の家へと到着した。
 従者たちは、家の者に、
「おう見てくれ。夕べのこと、あれは本当だったよ」
 と言って、口々に、主人の急な到着を驚き合った。

 馬から降りた五位が改めて家の様子を見れば、
 そこは尋常で無いほどきらびやかで、何とも言われぬほど立派な建物。

 五位は、利仁の普段着を重ね着したものの、空腹で寒さにふるえていたところ、
 長炭櫃が運ばれ、赤々と炭火をおこしてくれた。
 さらに、分厚い畳を敷いて、お菓子やさまざまな食べ物を運んでくるから、
 五位はだんだんと楽しくなってきたが、そこへ、
「いや、道中は寒うございましたな」
 と言いながら、利仁が、練色の分厚い綿入を3枚もかけてくれたから、
 五位はますます幸福な気分となった。

 食事を済ませ、ようやく一同が落ち着いてくると、
 やがて利仁の舅、有仁が出てきて、
「いきなり来るなんて、どういうつもりだ。
 妙な使いを寄越すわ、妻を物狂いにするわ、まったく、とんでもない奴だ」
 そう言われると、利仁は笑って、
「狐めの心映えを試してやろうとしたのです。どうやら、本当にこちらへ来たのですね」
「そうだ。珍しいこともあるものだな
 ――それで、ともに来ると言ったのは、こちらの太夫殿か」
「はい。『芋粥に飽きたことがない』と仰るので、
 飽かせてさしあげようと思い、お連れしました」
「それは簡単なこと。あんなものに飽きたことがないとはおかしな御人じゃな」
 ニヤリと言うと、五位は、
「ご子息は東山までちょっと風呂に行こうとたばかって、
 私にそんなことを仰るのですよ」
 と、こちらも上機嫌に笑って、
 やがて夜も遅くなるうちに、有仁も寝室へ戻って行った。

 五位もそろそろ寝ようと、寝室へ戻ってみると
 厚さが四五寸もある布団が用意してある。

 自前の着物では、何だか寝心地も悪いし、
 蚤かダニか、かぶると体が痒くなるような代物だったので、
 さっさとうち捨てて、
 先ほどの練色の三つ重ねにした着物の上に、この布団をかぶって寝ることにした。

 だが何せ慣れないものだから上気してしまい、
 汗まみれになってゴロゴロしていると、傍らに人の気配がする。
「誰だね」
 と問うと、
「お足をさするよう言いつかって参りました」
 と言う。
 割と好ましい相手だったから、抱き寄せて、
 風通しの良い場所に寝床を移し、そこで一緒に眠ることにした。


【つづき】


原文
かくてその夜は道にとまりて、つとめてとく出で行くほどに、まことに巳のときばかりに三十騎ばかりこりて来るあり。何にかあらんと見るに、「をのこどもまうで来たり」といへば、「不定の事かな」といふ程に、ただ近に近くなりてはらはらとおるる程に、「これを見よ。まことにおはしたるは」といへば、利仁う ちひひゑみて、「何事ぞ」と問ふ。おとなしき朗等進み着て、「希有の事候ひつるなり」といふ。まづ、「馬はありや」といへば、「二疋候ふ」といふ。食物な どして来ければ、その程におりゐて食ふつひでに、おとなしき朗等のいふやう、「夜部(よべ)、希有の事候ひしなり。戌の時ばかりに、台盤所(だいばんどこ ろ)の胸をきりきりて病ませ給ひしかば、いかなる事にかとて、にはかに僧召さんなど騒がせ給ひし程に、手づから仰せ候ふやう、「何か騒がせ給ふ。をのれは 狐なり。別の事なし。この五日、三津の浜にて殿の下らせ給ひつるにあひ奉りたりつるに、逃げつれど、え逃げで捕へられ奉りたりつるに『今日のうちに我が家 に行き着きて、客人具し奉りてなん下る。明日巳の時に、馬二つに鞍置きて具して、をのこども高嶋の津に参りあへといへ。もし今日のうちに行き着きていはず は、からき目見せんずるぞ』と仰せられつるなり。をのこどもとくとく出で立ちて参れ。遅く参らば、我は勘当蒙りなんと怖ぢ騒がせ給ひつれば、をのこどもに 召し仰せ候ひれば、例ざまにならせ給ひにき。その後鳥とともに参り候ひつるなり」といへば、利仁うち笑みて五位に見合すれば、五位あさましと思ひたり。物 など食い果てて、急ぎ立ち暗々(くらぐら)に行き着きぬ。「これを見よ。まことなりけり」とあさみ合ひたり。
五位は馬よりおりて家のさまを見るに、賑はしくめでたき事物のも似ず。もと着たる衣が上に利仁が宿衣を着せたれども、身の中しすきたるべければ、いみじ う寒げに思ひたるに、長炭櫃(ながすびつ)に火を多うおこしたり。畳厚らかに敷きて、くだ物、食物し設けて、楽しく覚ゆるに、「道の程寒くおはしつらん」 とて練色(ねりいろ)の衣の綿厚らかなる、三つ引き重ねて持て来てうち被ひたるに、楽しとはおろかなり。
物食ひなどして事しづまりたるに舅の有仁出で来いふやう、「こはいかでかくは渡らせ給へるぞ。これにあはせて御使のさま物狂ほしうて、上にはかに病ませ奉 り給ふ。希有の事なり」といへば、利仁うち笑ひて、「物の心みんと思ひてしたりつる事を、まことにまうで来て告げて侍るにこそあなれ」といへば舅も笑ひ て、「希有の事なり」といふ。「具し奉らせ給ひつらん人は、このおはします殿の御事か」といへば、「さりに侍り。『芋粥にいまだ飽かず』と仰せらるれば、 飽かせ奉らんとて、率て奉りたる」といへば、「やすき物のもえ飽かせ給はざりけるかな」とて戯るれば、五位、「東山に湯沸かしたりとて、人をはかり出でて、かくのたまふなり」など言ひ戯れて、夜少し更けぬれば舅も入りぬ。
寝所と思しき所に五位入りて寝んとするに、綿四五寸ばかりある宿衣(とのゐもの)あり。我がもとの薄綿はむつかしう、何のあるにか痒き所も出で来る衣な れば、脱ぎ置きて、練色(ねりいろ)の衣三つが上にこの宿衣(とのゐもの)引き着ては臥したる心、いまだ習はぬに気もあげつべし。汗水にて臥したるに、また傍らに人のはたらけば「誰そ」と問へば、『「御足(みあし)給へ』と候へば、参りつるなり」といふ。けはひ憎からねば、かきふせて風の透く所に臥せたり。


適当訳者の呟き:

練色:
灰色っぽい茶色。こんな色みたいです

宿衣:
とのいもの。布団――と訳しちゃいましたが、この時代、布団はありません。
畳の上に、昼間の着物をかけて寝る、という雑魚寝みたいな感じだったらしいです。
検索したら
「貴族たちは、寝る時に畳を敷いて、その上に横になり、昼に着ていた衣類をかけて寝ていたようです。
昼に着ていた衣類をかけるわけですから、裸になって、上に着物をかける… そんな感じだったわけです」
と出ました。
というわけで、五位さん、練色の厚い着物を3枚かけた上に、さらに4寸以上もある厚い綿入れをかぶって寝ようとしたわけですね。

拍手[3回]

PR


記事にコメントを残す
名前
コメント
編集用   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック
トラックバックする:


忍者ブログ [PR]