忍者ブログ

宇治拾遺物語 現代語訳ブログ

中世日本の説話物語集「宇治拾遺物語」を現代語にして行く適当な個人ブログです。
順番に宇治拾遺物語の現代語訳・口語訳を載せて行って、、、完結しました!

【→詳細な目次ページ 】

ブログ内検索
最新記事
■宇治拾遺物語現代語訳 詳細目次

最新コメント



[06/15  tuzimoto]
[03/20  ]
[03/20  時代錯誤]
[03/18  チョフン]
[10/06  ayamarido]
適当訳者紹介
名前:あやまり堂
小説を書いています。
homepage
訪問者数
 
 
※おしらせ:Amazon Kindleでわたくし版「宇治拾遺物語」現代語訳第11巻を発売しました。(2016/03/09 記事更新)
わたくし版「宇治拾遺物語現代語訳」第10巻を発売しました。(2015/08/21 記事更新)
「第22回九州さが大衆文学賞」を受賞しましたー! 受賞作は、小説NON 2015年 07 月号 [雑誌] に掲載。
全話完訳を喜んで、あたくしのKDP小説無料キャンペーンやります! 詳細はホームページに。(2013/10/16)
目次・一覧を更新しました。(2013/8/5)
わたくし版「方丈記」現代語訳Amazon Kindle にあります。
適当訳者主催「てきすぽどーじん秀作撰」Amazon Kindle で販売中です!
SF往復書簡集「月と地球と」Amazon Kindle で販売中
目次・一覧を更新しました。(2013/2/8)
宇治拾遺とは関係ないですが、小説雑誌をつくってみました。(2012/10/31)
目次・一覧を更新しました。(2012/10/16)
目次・一覧を更新しました。(2012/07/17)
20万アクセスを超えてましたー。(2012/05/23)
ツイッタとかfacebookとかのボタンを設置してみました!(2012/03/01)
【宇治拾遺物語 総目次】 【このブログについて】
  
わたくし版現代語訳 目次
第一巻
(序) 宇治拾遺物語について
(1) 道命阿闍梨読経し五條道祖神聴聞する事
(2) 丹波国篠村、平茸のこと
(3) 鬼にこぶとらるる事(前半)(後半)
(4) 伴大納言の事
(5) 隨求陀羅尼を額に籠める法師の事
(6) 玉茎検知のこと
(7) 鹿の身代わり
(8) 易の占、金取出す事
(9) 宇治殿倒れさせ給いて実相房僧正験者に召るる事
(10) 秦兼久、通俊卿に向いて悪口の事
(11) 一生不犯僧
(12) 児のかいもちひするに空寝したる事
(13) 田舎児桜散みて泣く事
(14) 小藤太、婿におどさる
(15) 大童子鮭ぬすみたる事
(16) 尼、地蔵を見奉る事
(17) 修行者、百鬼夜行に遭うこと
(18) 利仁芋粥の事 (上) (中) (下)
休題閑話 第一巻の適当訳後記

第二巻
(19) 清徳聖、奇特の事
(20) 静観僧正祈る、雨を法験の事
(21) 静観僧正、大嶽の岩祈り失ふ事
(22) 金峰山の金箔打ち
(23) 紀用経の荒巻鯛 (前半) (後半)
(24) 厚行、死人を家より出すこと
(25) 鼻長僧の事(前半) (後半)
(26) 晴明、蔵人少将を封ずる事
(27) 季通、災いに遭はむとする事(前半) (後半)
(28) 袴垂、保昌に会う事
(29) あきひら欲合殃事
(30) 唐卒都婆、血つく事
(31) 成村、強力の学士に会う事
(32) 柿の木に仏現ずる事
休題閑話 第二巻の適当訳後記

第三巻
(33) 大太郎盗人事(前半) (後半)
(34) 藤大納言忠家物言女、放屁の事
(35) 小式部内侍定頼卿の経にめでたる事
(36) 山ぶし舟祈返事
(37) 鳥羽僧正与国俊たはぶれ(前半) (後半)
(38) 絵仏師良秀家の焼をみてよろこぶこと
(39) 虎の鰐取たる事
(40) 樵夫、歌の事
(41) 伯母の事(前半) (後半)
(42) 同人仏事事
(43) 藤六の事
(44) 多田しんぼち郎等事
(45) いなばの国別当地蔵作さす事
(46) 臥見修理大夫俊綱事
(47) 長門前司女さうそうの時本所にかへる事
(48) 雀報恩事(上) (中) (下)
(46) 小野篁、広才の事
(50) 平貞文・本院侍従事(前半) (後半)
(51) 一条摂政歌事
(52) 狐家に火つくる事
休題閑話 第三巻の適当訳後記

第四巻
(53) 狐人につきてしとぎ食う事
(54) 左渡国に金ある事
(55) 薬師寺別富事
(56) 妹背嶋の事
(57) 石橋の下の蛇の事(前半) (後半)
(58) 東北院の菩提講の聖の事
(59) 三川の入道遁世の事(前半) (後半)
(60) 進命婦清水寺参事
(61) 業遠朝臣蘇生の事
(62) 篤昌忠恒等の事
(63) 後朱雀院丈六の佛作り奉り給ふ事
(64) 式部大輔実重賀茂の御正体拝み奉る事
(65) 智海法印癩人法談の事
(66) 白河院おそはれ給ふ事
(67) 永超僧都魚食ふ事
(68) 了延に実因湖水の中より法文の事
(69) 慈恵僧正戒壇築かれたる事
休題閑話 第四巻の適当訳後記

第五巻

(70) 四宮河原地蔵の事
(71) 伏見修理大夫の許へ殿上人ども行き向う事
(72) 以長、物忌の事
(73) 範久阿闍梨、西方を後にせぬ事
(74) 陪従家綱行綱、互ひに謀りたる事(前半) (後半)
(75) 同清仲の事
(76) 仮名暦あつらへたる事
(77) 実子にあらざる子の事(前半) (後半)
(78) 御室戸僧正事、一乗寺事(前半) (後半)
(79) ある僧人の許にて氷魚盗み食ひたる事
(80) 仲胤僧都、地主權現説法の事
(81) 大二条殿に小式部内侍歌読みかけ奉る事
(82) 山横川賀能地蔵の事
休題閑話 第五巻の適当訳後記

第六巻

(83) 広貴、炎魔王宮へ召る事
(84) 世尊寺に死人掘出す事
(85) 留志長者の事(前半) (後半)
(86) 清水寺に二千度参詣する者、双六に打入るる事
(87) 観音経、蛇に化して人輔け給う事(前半) (後半)
(88) 賀茂社より御幣紙米等給う事
(89) 信濃国筑摩湯に観音沐浴の事
(90) 帽子の叟、孔子と問答の事
(91) 僧伽多、羅刹国に行く事(上) (中) (下)
休題閑話 第六巻の適当訳後記

第七巻
(93) 五色の鹿の事(前半)(後半)
(93) 播磨守爲家の侍の事(前半)(後半)
(93) 三條の中納言水飯の事
(94) 検非違使、忠明の事
(95) 長谷寺参籠の男、利生に預る事
(96) 小野宮大饗の事、西宮殿富子路の大臣大饗の事(上)(中)(下)
(97) 式成、満、則員等三人滝口、弓芸の事
休題閑話 第七巻の適当訳後記

第八巻
(99) 大膳大夫以長、先駆の間の事
(100) 下野武正、大風雨日、参法性寺殿事
(101) 信濃国の聖の事(上)(中)(下)
(102) 敏行の朝臣の事(上)(中)(下)
(103) 東大寺華厳会の事
(104) 猟師仏を射る事
(105) 千手院僧正仙人
休題閑話 第八巻の適当訳後記

第九巻
(106) 滝口道則、術を習う事(上)(下)
(107) 宝志和尚、影の事
(108) 越前敦賀の女、観音たすけ給ふ事(1) (2)(3) (4)
(109) くうすけが佛供養の事(上) (中)(下)
(110) 恒正が郎等佛供養の事(上)(下)
(111) 歌よみて罪をゆるさるる事
(112) 大安寺別當女に嫁する男、夢見る事
(113) 博打聟入の事
休題閑話 第九巻の適当訳後記
 
第十巻
(114) 伴大納言応天門を焼く事(上)(下)
(115) 放鷹楽明暹に是季がならふ事
(116) 堀河院明暹に笛ふかさせ給ふ事
(117) 浄蔵が八坂坊に強盗入る事
(118) 播磨守定輔が事(上)(下)
(119) 吾妻人生贄を止むる事(1)(2)(3)(4)
(120) 豊前王の事
(121) 蔵人頓死の事
(122) 小槻当平の事
(123) 海賊発心出家の事(上)(中)(下)
休題閑話 第十巻の適当訳後記
 
第十一巻
(124) 青常の事(上)(下)
(125) 保輔盗人たる事
(126) 晴明を心みる僧の事
(127) 晴明蛙を殺す事
(128) 河内守頼信平忠恒をせむる事(上)(下)
(129) 白河法皇北面受領の下りのまねの事
(130) 蔵人得業猿沢池の竜の事
(131) 清水寺御帳たまはる女の事
(132) 則光盗人をきる事(上)(上)
(133) 空入水したる僧の事
(134) 日蔵上人吉野山にて鬼に逢ふ事
(135) 丹後守保昌下向の時致経父に逢ふ事
(136) 出家功徳の事

休題閑話 「今は昔」について
 
第十二巻
(137) 達磨天竺の僧の行を見る事
(138) 提婆菩薩竜樹菩薩の許に参る事
(139) 慈恵僧正受戒の日を延引する事
(140) 内記上人法師陰陽師の紙冠を破る事
(141) 持経者叡実効験の事
(142) 空也上人臂観音院僧正祈りなほす事
(143) 僧賀上人三条の宮に参り振舞の事
(144) 聖宝僧正一条大路をわたる事
(145) 穀断の聖不実露顕の事
(146) 季直少将歌の事
(147) 樵夫小童隠題歌よむ事
(148) 高忠侍歌よむ事
(149) 貫之歌の事
(150) 東人歌の事
(151) 河原院に融公の霊住む事
(152) 八歳童孔子と問答の事
(153) 鄭太尉の事
(154) 貧俗仏性を観じて富める事
(155) 宗行郎等虎を射る事(上)(下)
(156) 遣唐使の子虎に食はるる事


第十三巻
(161) 上緒の主金を得る事
(162) 元輔落馬の事
(163) 俊宣迷神にあふ事
(164) 亀を買ひてはなす事
(165) 夢買ふ人の事
(166) 大井光遠の妹強力の事
(167) 或唐人、女のひつじに生れたる知らずして殺す事
(168) 出雲寺別当の鯰になりたるを知りながら殺して食ふ事
(169) 念仏の僧魔往生の事
(170) 慈覚大師纐纈城に入り給ふ事
(171) 渡天の僧穴に入る事
(172) 寂昭上人鉢をとばす事
(173) 清滝川聖の事
(174) 優婆崛多弟子の事

休題閑話 第十三巻の適当訳後期


第十四巻
(175) 海雲比丘弟子童の事
(176) 寛朝僧正勇力の事
(177) 頼経蛇に逢ふ事
(178) 魚養の事
(179) 新羅国の后金榻の事
(180) 珠の価量り無き事
(181) 北面女雑使六の事
(182) 仲胤僧都連歌の事
(183) 大将つつしみの事
(184) 御堂関白御犬晴明等きどくの事
(185) 高階俊平が弟入道算術の事

休題閑話 第十四巻の適当訳後期


第十五巻
(186) 清見原天皇大友皇子と合戦の事
(187) 頼時が胡人見たる事
(188) 賀茂祭のかへり武正兼行御覧の事
(189) 門部府生海賊射かへす事
(190) 土佐の判官代通清、人たがひして関白殿に逢ひ奉る事
(191) 極楽寺僧仁王経を施す事
(192) 伊良縁の世恒毘沙門御下文の事
(193) 相応和尚都卒天にのぼる事附染殿の后祈り奉る事(上)(下)
(194) 仁戒上人往生の事
(195) 秦始皇天竺より来たる僧禁獄の事
(196) 後の千金の事
(197) 盗跖孔子と問答の事

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




 
 昔、成村という相撲取りがいた。
 あるとき、相撲節会が開かれるというので、
 全国からたくさんの相撲取りが都へ上ってきて、朱雀門で涼んでいた。

 そして、彼らが都見物気分で、大学寮の東門を過ぎ、南側へ行こうとしたところ、
 東門へ出て涼んでいた大学寮の学士たちが、わらわらと近寄って来るや、
「うるさい奴らを黙らせろ。生意気な奴らめ」
 などと言いながら、相撲取りを通せんぼしてしまった。

 こちらは相撲取りだが、相手は貴族の子弟。ぶん殴って押し通るわけにも行かない。
 成村は、こちらよりずっと背の低い学士たちのうち、
 冠や上着が他やや良質に見えた者が、もっとも邪魔立てをしているようだと、
 しばらく見つめていたが、
「もう帰るぞ」
 と、一同は朱雀門へ戻って行った。

 そして朱雀門へ戻ると、成村は、
「大学寮の奴らめ、憎くてならぬ。何の嫌がらせで、我々の通行を妨げるのか。
 押し通っても良いと思ったが、ともかく今日はやめにして、明日こそは通ってやろう。
 それにつけても、あの背の低い、身分の高そうな奴が、
『うるさい奴らを黙らせろ』などと声高だったのが、なお憎たらしい。
 明日も同じような真似をするに違いないから、
 おい、おぬし、明日はあ奴が鼻血を出すまで、蹴りつけてやれ」
 と、仲間を指名すると、
「わしが蹴ったら、生きてはおられまい。こてんぱんにして、生かしてはおかぬわ」
 と豪快な返事だった。

 この男は、力自慢の力士の中でも人一倍膂力にすぐれ、動きもすばやいから、
 成村も、とくに彼を指名したのである。
 といったところで、その日は、それぞれの滞在先へと帰って行った。

 さて翌日。
 相撲取りは、昨日別行動をとっていた連中も集めて、
 大勢ひとかたまりになって大学寮の傍らへ向うと、
 学士たちもそれを承知していたと見え、昨日より人数が増えていた。

「うるさい奴らを、黙らせろ。生意気な奴らめ」
 などと、わめき立てる学士たちに対し、
 相撲取りは、ひとかたまりになって、押し通って行く。

 昨日、人目を引いた小柄な学士は、
 道の真ん中で、さあ来てみろ――とばかりに立ちはだかっている。

 成村は、例の力士に、
「よし、蹴とばせ」
 と目配せすると、力士は若く勇ましい男だ、着物をまくって、ぐいぐい進み始めた。
 ほかの相撲取りたちも、あとに続いて押し通ろうとする、
 学士たちは、これを通すまいとする。

 と、例の小柄な学士の前に来た力士が、さあ蹴倒してやるぜとばかりに、
 高く足を持ち上げた瞬間、
 学士は、じっと相手を観察、体を曲げて避けたものだから
 相撲取りは蹴り損なって体をおよがせた。
 そして学士は、高くあがった相手の足を抱え込むや、
 細い枝を持つように、軽々と振り回して、周りの力士たちに襲いかかったのである。
「わあ」
 と、これにはさすがの力士たちも逃げ出したが、追いかける学士は、
 抱えた力士を、えいやとばかりに2-30メートルもぶん投げたものだから、
 投げられ、地に倒れた力士は悶絶。
 全身が砕けて、起き上がる気配さえ無い。

 だが成村も、もうそんなことに目をやる暇もなく、とにかく逃げるしかない。
 学士は学士で、逃がしてなるものかと徹底的に追いかけて、
 朱雀門の脇を逃げるところを、とうとう追い詰めたものだから、
 もう逃げ切れない――と思った成村が築地塀を跳び越えようとした、
 その足首を引っつかんで、沓の踵部分をむしり取ったのである。

 やがて、ほうほうの体で築地塀の内側へ逃げ込んだ成村が見れば、
 足は血まみれで、沓の踵も引きちぎられて無くなっていた。

 追いかけてきたあの学士の強いこと強いこと……。
 蹴りつけようとした力士も、棒きれか何かのように振り回され、投げ砕かれたし、
 広い世の中、これほどおそろしいこともあるとは。
 ちなみに、投げ飛ばされた力士は死んでしまったので、あとで収容した。

 成村はその後、
「こんなことがあったのだが、あの学士は、定めし、立派な相撲取りであろう。
 この成村であっても、とても敵うとは思われぬ」
 そんなことを語ったので、かたのすけは、
「役人であれば、尋ねれば知れぬことはあるまい。
 まして大学寮の人間ということが分っていればすぐにも分る」
 と、熱心に探させたというが、
 結局、どこの誰であったかは分らず仕舞だったという。





原文
なり村強力の学士にあふ事
むかし、成村(なりむら)といふ相撲(すまひ)ありけり。時に、国々の相撲ども、上(のぼり)あつまりて、相撲節待(すまひのせちまち)ける程、朱雀門 (すざくもん)に集(あつ)まりてすずみけるが、そのへんあそぶゆくに、大学(だいがく)の東門(ひがしもん)を過(すぎ)て、南ざまにゆかんとしける を、大学の衆どもも、あまた東の門荷出(いで)て、すずみたてにけるに、この相撲どものすぐるを、通(とを)さじとて、「鳴(な)り制(せい)せん。鳴 (な)り高(たか)し」といひて、たちふさがりて、通(とほ)さざりければ、さすがに、やごつなき所の衆どものすることなれば、、破(やぶり)てもえ通 (とほ)らぬに、たけひきらかなる衆の、冠、うへのきぬ、こと人よりはすこしよろしきが、中にすぐれて出(い)で立(た)ちて、いたく制するがありける を、成村はみつめてけり。「いざいざ帰(かへり)なん」とて、もとの朱雀門に帰(かへり)ぬ。 そこにていふ、「この大学(がく)の衆、にくきやつども哉 (かな)。何の心に、我らをば通(とほ)さじとはするぞ。ただ通(とを)らんと思(おもひ)つれども、さもあれ、けふは通らで、あす通(とを)らんと思 (おもふ)なり。たけひきやかにて、中にすぐれて、「鳴(な)り制(せい)せん」といひて、通(とを)さじとたちふたがる男、にくきやつ也。あす通(と を)らんにも、かならず、けふのやうにせんずらん。なにぬし、その男が尻鼻、血あゆばかり、かならず蹴(け)たまへ」といへば、さいはるる相撲、わきをか きて、「おのれが蹴てんには、いかにも生(い)かじものを。がうぎにてこそいかめ」といひけり。この尻蹴(しりけ)よといはるる相撲は、おぼえある力、こ と人よりはすぐれ、はしりとくなど有(あり)けるをみて、成村(なりむら)もいふなるけり。さて其日は、おのおの家々(いへいへ)に帰(かえり)ぬ。
又の日になりて、昨日参(まい)らざりし相撲などをあまためし集(あつ)めて、人がちになりて、通(とを)らんとかまふるを、大学の衆もさや心得にけ ん、きのふよりは人おほくなりて、かしがましう、「鳴(な)る制(せい)せん」といひたてけるに、この相撲(すまう)どもうち群(む)れて、あゆみかかり たり。きのふすぐれて制(せい)せし大学(がく)の衆、例(れい)のことなれば、すぐれて、大路を中に立(たち)て、すぐさじと思ひけしきしたり。成村 (なりむら)「けよ」といひつる相撲に目をくはせければ、この相撲、人よりたけたかく大きに、わかくいさみたるをのこにて、くくり高(たか)やかに、かき あげて、さし進(すす)み歩(あゆ)みよる。それにつづきて、こと相撲(すまひ)も、ただ通(とを)りに通(とを)らんとするを、かの衆どもも、通(と ほ)さじとするほどに、尻蹴(しりけ)んとする相撲、かくいふ衆(しゆ)に、はしりかかりて、蹴倒(けたを)さんと、足をいたくもたげるを、此衆(しゆ) は、目をかけて、背(せ)をたはめて、ちがひければ、蹴(け)はづして、足(あし)のたかくあがりて、のけざまになるやうにしたる足(あし)を大学(が く)の衆(しゆ)とりてけり。その相撲(すまひ)をほそき杖などを人の持(も)ちたるやうに、ひきさげて、かたへの相撲(すまひも)に、はしりかかりけれ ば、それをみて、かたへの相撲(すまひ)逃(にげ)けるを追(を)ひかけて、その手にさげたる相撲(すまひ)をば投(あ)げければ、ふりぬきて、二三段 (たん)ばかり投(な)げられて、倒(たう)れ伏(ふ)しにけり。身くだけて、おきあがるげくもなくなる。それをばしらず、成村(なりむら)も、目(め) をかけて逃(にげ)けり。心おかず追(お)ひければ、朱雀門のかたざまにはしりて、脇の門より走(はしり)入(いる)をやがてつめて、走(はしり)かかり ければ、とらへられぬと思(おもひ)て、式部省の築地(つゐぢ)越(こ)えけるを、ひきとどめんとて、手をさしやりたりけるに、はやく越(子)えければ、 異所(ところどころ)をばえとらへず、片足(かたあし)すこしさがりたりけるきびすを、沓加(くつくは)へながらとらへたりければ、沓のきびすに、あしの 皮をとり加(くは)へて、沓のきびすを、刀にてきりたるやうに、引(ひき)きりて、、とりてけり。成村(なりむら)、築地のうちにたちて、足をみければ、 血走(はし)りて、とどまるべくもなし。沓のきびす、きれて失(う)せにけり。我を追(お)ひける大学(がく)の衆(しゆ)あさましく力ある者にてぞあり けるなめり。尻蹴(け)つる相撲をも、人杖(ひとづゑ)につかひて、投(な)げくだくめり。世中(よのなか)ひろければ、かかる物のあるこそおそろしき事 なれ。投(な)げられたる相撲は死(しに)いたりければ、物にかきいれて、荷(にな)ひてもてゆきけり。
この成村(なりむら)、かたのすけに、「しかじかの事なん候(さぶらひ)つる。かの大学(がく)の衆はいみじき相撲にさぶらふめり。成村(なりむら)と 申(まうす)とも、あふべき心ち仕らず」とかたりければ、かたのすけは、宣旨(せんじ)申(まうし)くだして、「式部の丞なりとも、そのみちにたへたらん はといふことあれば、まして大学(がく)の衆は何條ことかあらん」とて、いみじう尋(たづね)求められけれども、その人とも聞えずしてやみにけり。




適当訳者の呟き

学士無双ですね。

成村:
なりむら。真髪成村。
「今昔物語集」にも登場。陸奥とか常陸出身の相撲人で、円融天皇の永観2年(984)、相撲の節会で左の最手(ほて・最高位)となり、右の最手・海恒世(あまの-つねよ)と死闘をくりひろげたという。
……と出ましたが、無茶苦茶強い人はほかにいたのですね。

鳴り制せん。鳴り高し:
微妙にどうやって訳したら良いのか分りませんでした。
鳴り=やかましく鳴るもの。制す=それを止めさせる。→「うるさい奴らを黙らせろ」

かたのすけ:
誰だ? 「方の輔」かなあと思ったりしますが、すけ、は次官なので、部下かしら? 


拍手[0回]

PR


記事にコメントを残す
名前
コメント
編集用   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック
トラックバックする:


忍者ブログ [PR]