忍者ブログ

宇治拾遺物語 現代語訳ブログ

中世日本の説話物語集「宇治拾遺物語」を現代語にして行く適当な個人ブログです。
順番に宇治拾遺物語の現代語訳・口語訳を載せて行って、、、完結しました!

【→詳細な目次ページ 】

ブログ内検索
最新記事
■宇治拾遺物語現代語訳 詳細目次

最新コメント



[06/15  tuzimoto]
[03/20  ]
[03/20  時代錯誤]
[03/18  チョフン]
[10/06  ayamarido]
適当訳者紹介
名前:あやまり堂
小説を書いています。
homepage
訪問者数
 
 
※おしらせ:Amazon Kindleでわたくし版「宇治拾遺物語」現代語訳第11巻を発売しました。(2016/03/09 記事更新)
わたくし版「宇治拾遺物語現代語訳」第10巻を発売しました。(2015/08/21 記事更新)
「第22回九州さが大衆文学賞」を受賞しましたー! 受賞作は、小説NON 2015年 07 月号 [雑誌] に掲載。
全話完訳を喜んで、あたくしのKDP小説無料キャンペーンやります! 詳細はホームページに。(2013/10/16)
目次・一覧を更新しました。(2013/8/5)
わたくし版「方丈記」現代語訳Amazon Kindle にあります。
適当訳者主催「てきすぽどーじん秀作撰」Amazon Kindle で販売中です!
SF往復書簡集「月と地球と」Amazon Kindle で販売中
目次・一覧を更新しました。(2013/2/8)
宇治拾遺とは関係ないですが、小説雑誌をつくってみました。(2012/10/31)
目次・一覧を更新しました。(2012/10/16)
目次・一覧を更新しました。(2012/07/17)
20万アクセスを超えてましたー。(2012/05/23)
ツイッタとかfacebookとかのボタンを設置してみました!(2012/03/01)
【宇治拾遺物語 総目次】 【このブログについて】
  
わたくし版現代語訳 目次
第一巻
(序) 宇治拾遺物語について
(1) 道命阿闍梨読経し五條道祖神聴聞する事
(2) 丹波国篠村、平茸のこと
(3) 鬼にこぶとらるる事(前半)(後半)
(4) 伴大納言の事
(5) 隨求陀羅尼を額に籠める法師の事
(6) 玉茎検知のこと
(7) 鹿の身代わり
(8) 易の占、金取出す事
(9) 宇治殿倒れさせ給いて実相房僧正験者に召るる事
(10) 秦兼久、通俊卿に向いて悪口の事
(11) 一生不犯僧
(12) 児のかいもちひするに空寝したる事
(13) 田舎児桜散みて泣く事
(14) 小藤太、婿におどさる
(15) 大童子鮭ぬすみたる事
(16) 尼、地蔵を見奉る事
(17) 修行者、百鬼夜行に遭うこと
(18) 利仁芋粥の事 (上) (中) (下)
休題閑話 第一巻の適当訳後記

第二巻
(19) 清徳聖、奇特の事
(20) 静観僧正祈る、雨を法験の事
(21) 静観僧正、大嶽の岩祈り失ふ事
(22) 金峰山の金箔打ち
(23) 紀用経の荒巻鯛 (前半) (後半)
(24) 厚行、死人を家より出すこと
(25) 鼻長僧の事(前半) (後半)
(26) 晴明、蔵人少将を封ずる事
(27) 季通、災いに遭はむとする事(前半) (後半)
(28) 袴垂、保昌に会う事
(29) あきひら欲合殃事
(30) 唐卒都婆、血つく事
(31) 成村、強力の学士に会う事
(32) 柿の木に仏現ずる事
休題閑話 第二巻の適当訳後記

第三巻
(33) 大太郎盗人事(前半) (後半)
(34) 藤大納言忠家物言女、放屁の事
(35) 小式部内侍定頼卿の経にめでたる事
(36) 山ぶし舟祈返事
(37) 鳥羽僧正与国俊たはぶれ(前半) (後半)
(38) 絵仏師良秀家の焼をみてよろこぶこと
(39) 虎の鰐取たる事
(40) 樵夫、歌の事
(41) 伯母の事(前半) (後半)
(42) 同人仏事事
(43) 藤六の事
(44) 多田しんぼち郎等事
(45) いなばの国別当地蔵作さす事
(46) 臥見修理大夫俊綱事
(47) 長門前司女さうそうの時本所にかへる事
(48) 雀報恩事(上) (中) (下)
(46) 小野篁、広才の事
(50) 平貞文・本院侍従事(前半) (後半)
(51) 一条摂政歌事
(52) 狐家に火つくる事
休題閑話 第三巻の適当訳後記

第四巻
(53) 狐人につきてしとぎ食う事
(54) 左渡国に金ある事
(55) 薬師寺別富事
(56) 妹背嶋の事
(57) 石橋の下の蛇の事(前半) (後半)
(58) 東北院の菩提講の聖の事
(59) 三川の入道遁世の事(前半) (後半)
(60) 進命婦清水寺参事
(61) 業遠朝臣蘇生の事
(62) 篤昌忠恒等の事
(63) 後朱雀院丈六の佛作り奉り給ふ事
(64) 式部大輔実重賀茂の御正体拝み奉る事
(65) 智海法印癩人法談の事
(66) 白河院おそはれ給ふ事
(67) 永超僧都魚食ふ事
(68) 了延に実因湖水の中より法文の事
(69) 慈恵僧正戒壇築かれたる事
休題閑話 第四巻の適当訳後記

第五巻

(70) 四宮河原地蔵の事
(71) 伏見修理大夫の許へ殿上人ども行き向う事
(72) 以長、物忌の事
(73) 範久阿闍梨、西方を後にせぬ事
(74) 陪従家綱行綱、互ひに謀りたる事(前半) (後半)
(75) 同清仲の事
(76) 仮名暦あつらへたる事
(77) 実子にあらざる子の事(前半) (後半)
(78) 御室戸僧正事、一乗寺事(前半) (後半)
(79) ある僧人の許にて氷魚盗み食ひたる事
(80) 仲胤僧都、地主權現説法の事
(81) 大二条殿に小式部内侍歌読みかけ奉る事
(82) 山横川賀能地蔵の事
休題閑話 第五巻の適当訳後記

第六巻

(83) 広貴、炎魔王宮へ召る事
(84) 世尊寺に死人掘出す事
(85) 留志長者の事(前半) (後半)
(86) 清水寺に二千度参詣する者、双六に打入るる事
(87) 観音経、蛇に化して人輔け給う事(前半) (後半)
(88) 賀茂社より御幣紙米等給う事
(89) 信濃国筑摩湯に観音沐浴の事
(90) 帽子の叟、孔子と問答の事
(91) 僧伽多、羅刹国に行く事(上) (中) (下)
休題閑話 第六巻の適当訳後記

第七巻
(93) 五色の鹿の事(前半)(後半)
(93) 播磨守爲家の侍の事(前半)(後半)
(93) 三條の中納言水飯の事
(94) 検非違使、忠明の事
(95) 長谷寺参籠の男、利生に預る事
(96) 小野宮大饗の事、西宮殿富子路の大臣大饗の事(上)(中)(下)
(97) 式成、満、則員等三人滝口、弓芸の事
休題閑話 第七巻の適当訳後記

第八巻
(99) 大膳大夫以長、先駆の間の事
(100) 下野武正、大風雨日、参法性寺殿事
(101) 信濃国の聖の事(上)(中)(下)
(102) 敏行の朝臣の事(上)(中)(下)
(103) 東大寺華厳会の事
(104) 猟師仏を射る事
(105) 千手院僧正仙人
休題閑話 第八巻の適当訳後記

第九巻
(106) 滝口道則、術を習う事(上)(下)
(107) 宝志和尚、影の事
(108) 越前敦賀の女、観音たすけ給ふ事(1) (2)(3) (4)
(109) くうすけが佛供養の事(上) (中)(下)
(110) 恒正が郎等佛供養の事(上)(下)
(111) 歌よみて罪をゆるさるる事
(112) 大安寺別當女に嫁する男、夢見る事
(113) 博打聟入の事
休題閑話 第九巻の適当訳後記
 
第十巻
(114) 伴大納言応天門を焼く事(上)(下)
(115) 放鷹楽明暹に是季がならふ事
(116) 堀河院明暹に笛ふかさせ給ふ事
(117) 浄蔵が八坂坊に強盗入る事
(118) 播磨守定輔が事(上)(下)
(119) 吾妻人生贄を止むる事(1)(2)(3)(4)
(120) 豊前王の事
(121) 蔵人頓死の事
(122) 小槻当平の事
(123) 海賊発心出家の事(上)(中)(下)
休題閑話 第十巻の適当訳後記
 
第十一巻
(124) 青常の事(上)(下)
(125) 保輔盗人たる事
(126) 晴明を心みる僧の事
(127) 晴明蛙を殺す事
(128) 河内守頼信平忠恒をせむる事(上)(下)
(129) 白河法皇北面受領の下りのまねの事
(130) 蔵人得業猿沢池の竜の事
(131) 清水寺御帳たまはる女の事
(132) 則光盗人をきる事(上)(上)
(133) 空入水したる僧の事
(134) 日蔵上人吉野山にて鬼に逢ふ事
(135) 丹後守保昌下向の時致経父に逢ふ事
(136) 出家功徳の事

休題閑話 「今は昔」について
 
第十二巻
(137) 達磨天竺の僧の行を見る事
(138) 提婆菩薩竜樹菩薩の許に参る事
(139) 慈恵僧正受戒の日を延引する事
(140) 内記上人法師陰陽師の紙冠を破る事
(141) 持経者叡実効験の事
(142) 空也上人臂観音院僧正祈りなほす事
(143) 僧賀上人三条の宮に参り振舞の事
(144) 聖宝僧正一条大路をわたる事
(145) 穀断の聖不実露顕の事
(146) 季直少将歌の事
(147) 樵夫小童隠題歌よむ事
(148) 高忠侍歌よむ事
(149) 貫之歌の事
(150) 東人歌の事
(151) 河原院に融公の霊住む事
(152) 八歳童孔子と問答の事
(153) 鄭太尉の事
(154) 貧俗仏性を観じて富める事
(155) 宗行郎等虎を射る事(上)(下)
(156) 遣唐使の子虎に食はるる事


第十三巻
(161) 上緒の主金を得る事
(162) 元輔落馬の事
(163) 俊宣迷神にあふ事
(164) 亀を買ひてはなす事
(165) 夢買ふ人の事
(166) 大井光遠の妹強力の事
(167) 或唐人、女のひつじに生れたる知らずして殺す事
(168) 出雲寺別当の鯰になりたるを知りながら殺して食ふ事
(169) 念仏の僧魔往生の事
(170) 慈覚大師纐纈城に入り給ふ事
(171) 渡天の僧穴に入る事
(172) 寂昭上人鉢をとばす事
(173) 清滝川聖の事
(174) 優婆崛多弟子の事

休題閑話 第十三巻の適当訳後期


第十四巻
(175) 海雲比丘弟子童の事
(176) 寛朝僧正勇力の事
(177) 頼経蛇に逢ふ事
(178) 魚養の事
(179) 新羅国の后金榻の事
(180) 珠の価量り無き事
(181) 北面女雑使六の事
(182) 仲胤僧都連歌の事
(183) 大将つつしみの事
(184) 御堂関白御犬晴明等きどくの事
(185) 高階俊平が弟入道算術の事

休題閑話 第十四巻の適当訳後期


第十五巻
(186) 清見原天皇大友皇子と合戦の事
(187) 頼時が胡人見たる事
(188) 賀茂祭のかへり武正兼行御覧の事
(189) 門部府生海賊射かへす事
(190) 土佐の判官代通清、人たがひして関白殿に逢ひ奉る事
(191) 極楽寺僧仁王経を施す事
(192) 伊良縁の世恒毘沙門御下文の事
(193) 相応和尚都卒天にのぼる事附染殿の后祈り奉る事(上)(下)
(194) 仁戒上人往生の事
(195) 秦始皇天竺より来たる僧禁獄の事
(196) 後の千金の事
(197) 盗跖孔子と問答の事

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




 
 昔、唐土にとても大きな山があって、
 山頂に、巨大な石の卒塔婆が立っていた。

 山のふもとには、八十歳にもなる老婆が住んでいて、
 日に一度、山の峰にある卒塔婆を見に行っていた。
 大きな山で、麓から峰に登るのはまことにきつく、険しい道が延々と続いていたが、
 雨が降ろうが雪が降ろうが、風が吹き、雷が鳴って、道が凍てつく日であろうとも、
 また真夏の灼熱の日にも、老婆は一日も欠かさず、卒塔婆のもとまで登っていた。

 こういう老婆のことを知らなかった、とある若者の一団が、
 夏の盛りに峰に登って、大きな卒塔婆のもとで涼んでいると、
 腰を二つ折りにしたような老婆が、汗だくだくで、杖にすがりながらと登ってきた。

 信心のため卒塔婆の前でぬかずいたり、拝んだりするのかと思えば、
 老婆は卒塔婆の周りを巡るだけで、さっさと帰ってしまう。
 それを何日も続けている様子なので、
「今日またやって来たら、どういうわけか聞いてやろう」
 と、みんなで言い交わして、待っていると、
 やがていつも通り、へろへろになって老婆が登ってきた。

 男たちは、
「婆さんは、一体なんのためにここへ来ているんだ。
 我々は、熱くて辛い道を登ってきて、ここで涼んでから山を下りようと考えているが、
 あんたは涼しむわけでもなく、別に何をするわけでもなく、
 ただ卒塔婆を見ながら歩くだけだ。
 毎日毎日やって来るが、おかしいだろう。どういうわけがあるのか、教えてくれ」

 そう言うと、老婆は、
「なるほど、あなた方のような若い衆には、奇妙に見えるな。
 だがわしは、物心がついてから七十年余り、
 日ごとにこうして登ってきて、卒塔婆を見ておる」

「だから、それがおかしいと申すのだ。どうしてそんな真似をするのだ」

「わしの親は、百二十歳で死んだ。
 祖父は百三十余りで、そのまた爺様は、二百余年も生きた。
 その人たちの言い置かれたことによれば、
『この卒塔婆に血の付着したとき、この山は崩れ、深い深い海となる』
 そのようにわしの父が申されたゆえ、
 山の麓に住まう身だ、山崩れなどが起きれば死ぬることになる。
 このため、もし血が付着しておればすぐに逃げ出さねばならぬと思い、
 こうして毎日見に来ている次第だ」

 若い衆は、何て馬鹿馬鹿しいことだと、老婆を嘲弄して、
「それはおそろしいこと。是非とも、山の崩れる時には我らにもお告げくださいな」

 だが老婆は、自分が馬鹿にされているなどと思わず、
「あたり前のこと。わし一人が逃げ延びようとして、人に告げぬことがあろうか」
 と言って、帰って行った。

 さて、男どもは、
「もう今日は来ないだろうから、明日来たところを吃驚させて、
 走って行くところを笑ってやろうじゃないか」
 と、わざと血を出して卒塔婆にべったりと塗りつけると、
 里へ下りてきて、
「ふもとの婆さんが毎日飽きもせずに峰へ上り、卒塔婆を見ているので、
 どういうわけかと聞けば、しかじかのことだと言う。
 明朝、これをびっくりさせるため卒塔婆へ血を塗りつけてきたから、
 さぞ派手に山が崩れるだろうよ」
 とゲラゲラ笑い、
 里の者たちも、この馬鹿馬鹿しい企てに、こっそりと笑い合っていた。

 そして翌日。
 いつもどおり峰に登った老婆は、
 卒塔婆にべったりと血がついているのを見るや、顔色を変えて、
 転がらんばかりに里まで飛んで帰ってきて、
「里の衆、早く逃げて命を助けなされ。
 すぐにも山が崩れて、深い深い海になりますぞ!」
 と、里中へ告げて回り、
 自分も家に帰ると、孫、子みんなに家財道具いっさいを持たせ、
 自らも持てるだけ持って、慌てふためきつつ、別の里へ逃げていった。

 これを見て、例の若い衆は手を叩いて大笑いしていたが、
 そのうちに何だか辺りがざわざわと、騒がしいような気がしてきた。

 風が吹いてくるか、雷が鳴るか……と見ていると、
 空は曇り、にわかに恐ろしい色を帯びたと思うと、山がいきなり震え出して、
「これはどうしたことだ」
 と、びっくりして、大騒ぎしている間に、山はただ崩れに崩れて行くので、
「あの婆さんの言ったことは本当だった!」
 と逃げ出して、逃げ切れた者もあったようだが親の行方は分らず、
 あるいは子供を失ったりした。

 老婆の方は、家のものをいっさい失わず、
 無事に逃げ延びて、別の村で平和に暮したという。

 ともかく山はすべて崩れて深い海となった。
 老婆を嘲笑していた連中はみんな死んでしまった。
 まったく、とんでもない話だ。





原文
唐卒都婆血つく事
むかし、もろこしに大(おほき)なる山ありけり。其(その)山のいただきに、大なる卒都婆(そとば)一かてけり。その山のふもとの里に、年八十斗(ばか り)なる女の住みけるが、日に一度、其山の峯にある卒都婆(そとば)を、かならず見(み)けり。たかく大なる山なれば、ふもとより峯(みね)へのぼるほ ど、さがしく、はげしく、道遠かりけるを、雨ふり、雪ふり、風吹(ふき)、いかづちなり、しみ氷(こほり)たるにも、又あつ苦(くるし)き夏も、一日もか かず、かならずのぼりて、この卒都婆(そとば)を見(み)けり。
かくするを、人、え知(し)らざりけるに、わかき男ども、童部の、夏あつかりける比(ころ)、峯にのぼりて、卒都婆(そとば)の許(もと)に居つつ涼 (すず)みけるに、此(この)女、あせをのごひて、腰二重(ふたへ)なるものの、杖(つえ)にすがりて、卒都婆(そとば)のもとにきて、卒都婆(そとば) をめぐりければ、おがみ奉るかと見れば、卒都婆(そとば)をうちめぐりては、則(すなはち)帰々(かへりかへり)すること、一度にもあらず、あまたたび、 この涼(すず)む男どもに見(み)えにけり。「この女はなにの心ありて、かくは苦(くる)しきにするにか」と、あやしがりて、「けふ見えば、このこと問は ん」と、いひ合せけるほどに、つねのことなれば、此(この)女、はふはふのぼりけり。男ども、女にいふやう、「わ女は、なにの心によりて、我らが涼(す ず)みにくだるに、あつく、苦(くる)しく、大事(だいじ)なる道(みち)を涼(すず)まんと思ふによりて、のぼりくるだにこそあれ、涼(すず)むことも なし、べちにすることもなくて、卒都婆(そとば)を見めぐるを事にして、日々にのぼりおるること、あやしき女のわざなれ。此故(このゆゑ)しらせ給へ」と 云(いひ)ければ、この女「わかきぬしたちは、げに、あやしと思(おもひ)給(たまふ)らん。かくまうできて、此卒都婆(そとば)みることは、このごろの ことにしも侍らず。物の心知(し)りはじめてよりのち、この七十餘年、日ごとに、かくのぼりして、卒都婆(そとば)を見(み)奉るなり」といへば、「その ことの、あやしく侍(はべる)也。その故(ゆへ)をのたまへ」ととへば、「おのれが親は、百二十にしてなん失せ侍(はべり)にし。祖父(おほぢ)は百三十 ばかりにてぞ失(う)せ給へりし。それにまた父祖父(ちちおほぢ)などは二百餘年まで生(い)きて侍(はべり)ける。「その人々のいひ置(を)かれたりけ る」とて、「この卒都婆に血のつかん折(おり)になん、この山は崩(くづ)れて、ふかき海となるべき」(と)なん、父の申(まうし)置(を)かれしかば、 ふもとに侍る身なれば、山崩(くずれ)などは、うちおほはれて、死(しに)もぞすると思へば、もし血つかば、逃(にげ)てのかむとて、かく日ごとに見 (み)るなり」といへば、この聞(き)く男ども、をこがりあざりけて、「おそろしきことかな。崩(くづ)れんときには、告(つげ)給へ」など笑(わらひ) けるをも、我をあざりけていふとも心得ずして、「さらなり。いかでかは、われひとり逃(にげ)むと思(おもひ)て、告(つげ)申さざるべき」といひて、帰 (かへり)くだりにけり。
この男ども「此(この)女はけふはよも来(こ)じ。あす又来(き)てみんに、おどしてはしらせて、笑(わら)はん」といひあはせて、血をあやして、卒都 婆(そとば)によくぬりつけて、この男ども、帰(かへり)おりて、里のもの共(ども)に、「此(この)ふもとなる女の日ごとに峯(みね)にのぼりて卒都婆 (そとば)みるを、あやしさに問(と)へば、しかじかなんいへば、あすおどして、はしらせんとて、卒都婆(そとば)に血(ち)をぬりつるなり。さぞ崩(く づ)るらんものや」などいひ笑(わら)ふを里の者どもきき傳(つたへ)て、をこなる事のためしに引(ひき)、笑(わらひ)けり。
かくて、又のひ、女のぼりて見るに、卒都婆(そとば)に血(ち)のおほらかにつきたりければ、おんな、うち見(み)るままに、色をたがへて、倒(たう) れまろび、はしり帰(かへり)て、さけびいふやう、「この里(さと)の人々、とく逃(に)げのきて命生(い)きよ。この山はただいま崩(くづれ)て、深 (ふか)き海になりなんとす」とあまねく告(つ)げまはして、家に行(ゆ)きて子孫どもに家の具足(ぐそく)ども負(お)ほせ持(も)たせて、おのれも持 (も)ちて、手まどひして、里(さと)うつりしぬ。これを見(み)て、血つけし男ども手をうちて笑(わら)ひなどする程に、そのことともなく、さざめき、 ののしりあひたり。風の吹(ふき)くるか、いかづちのなるかと、思(おもひ)あやしむほどに、空もつつみやになりて、あさましくおそろしげにて、この山ゆ るぎたちにけり。「こはいかにこはいかに」とののしりあひたる程に、ただ崩(くづ)れに崩(くづ)れもてゆけば、「女はまことしけるものを」ばどひて逃 (に)げ、逃(に)げえたる者もあれども、親のゆくへもしらず、子をも失(うしな)ひ家の物の具(ぐ)一も失(うしな)はずして、かねて逃(に)げのき て、しづかにゐたりける。かくてこの山みな崩(くず)れて、ふかき海となりにければ、これをあざけり笑(わら)ひしものどもは、みな死にけり。
あさましきことなり。




適当役者の呟き

こわいですね。

卒塔婆:

そとば。現代日本だと、墓石の傍らの、細長い木に、ごにゃごにゃと戒名などを書き付けたものですが、もともとは、石の台座に、簡単な塔みたいな構造の建物のことみたいです。
要するに、石の塔くらいの認識で良いかなと思いました。 

拍手[4回]

PR


記事にコメントを残す
名前
コメント
編集用   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック
トラックバックする:


忍者ブログ [PR]