忍者ブログ

宇治拾遺物語 現代語訳ブログ

中世日本の説話物語集「宇治拾遺物語」を現代語にして行く適当な個人ブログです。
順番に宇治拾遺物語の現代語訳・口語訳を載せて行って、、、完結しました!

【→詳細な目次ページ 】

ブログ内検索
最新記事
■宇治拾遺物語現代語訳 詳細目次

最新コメント



[06/15  tuzimoto]
[03/20  ]
[03/20  時代錯誤]
[03/18  チョフン]
[10/06  ayamarido]
適当訳者紹介
名前:あやまり堂
小説を書いています。
homepage
訪問者数
 
 
※おしらせ:Amazon Kindleでわたくし版「宇治拾遺物語」現代語訳第11巻を発売しました。(2016/03/09 記事更新)
わたくし版「宇治拾遺物語現代語訳」第10巻を発売しました。(2015/08/21 記事更新)
「第22回九州さが大衆文学賞」を受賞しましたー! 受賞作は、小説NON 2015年 07 月号 [雑誌] に掲載。
全話完訳を喜んで、あたくしのKDP小説無料キャンペーンやります! 詳細はホームページに。(2013/10/16)
目次・一覧を更新しました。(2013/8/5)
わたくし版「方丈記」現代語訳Amazon Kindle にあります。
適当訳者主催「てきすぽどーじん秀作撰」Amazon Kindle で販売中です!
SF往復書簡集「月と地球と」Amazon Kindle で販売中
目次・一覧を更新しました。(2013/2/8)
宇治拾遺とは関係ないですが、小説雑誌をつくってみました。(2012/10/31)
目次・一覧を更新しました。(2012/10/16)
目次・一覧を更新しました。(2012/07/17)
20万アクセスを超えてましたー。(2012/05/23)
ツイッタとかfacebookとかのボタンを設置してみました!(2012/03/01)
【宇治拾遺物語 総目次】 【このブログについて】
  
わたくし版現代語訳 目次
第一巻
(序) 宇治拾遺物語について
(1) 道命阿闍梨読経し五條道祖神聴聞する事
(2) 丹波国篠村、平茸のこと
(3) 鬼にこぶとらるる事(前半)(後半)
(4) 伴大納言の事
(5) 隨求陀羅尼を額に籠める法師の事
(6) 玉茎検知のこと
(7) 鹿の身代わり
(8) 易の占、金取出す事
(9) 宇治殿倒れさせ給いて実相房僧正験者に召るる事
(10) 秦兼久、通俊卿に向いて悪口の事
(11) 一生不犯僧
(12) 児のかいもちひするに空寝したる事
(13) 田舎児桜散みて泣く事
(14) 小藤太、婿におどさる
(15) 大童子鮭ぬすみたる事
(16) 尼、地蔵を見奉る事
(17) 修行者、百鬼夜行に遭うこと
(18) 利仁芋粥の事 (上) (中) (下)
休題閑話 第一巻の適当訳後記

第二巻
(19) 清徳聖、奇特の事
(20) 静観僧正祈る、雨を法験の事
(21) 静観僧正、大嶽の岩祈り失ふ事
(22) 金峰山の金箔打ち
(23) 紀用経の荒巻鯛 (前半) (後半)
(24) 厚行、死人を家より出すこと
(25) 鼻長僧の事(前半) (後半)
(26) 晴明、蔵人少将を封ずる事
(27) 季通、災いに遭はむとする事(前半) (後半)
(28) 袴垂、保昌に会う事
(29) あきひら欲合殃事
(30) 唐卒都婆、血つく事
(31) 成村、強力の学士に会う事
(32) 柿の木に仏現ずる事
休題閑話 第二巻の適当訳後記

第三巻
(33) 大太郎盗人事(前半) (後半)
(34) 藤大納言忠家物言女、放屁の事
(35) 小式部内侍定頼卿の経にめでたる事
(36) 山ぶし舟祈返事
(37) 鳥羽僧正与国俊たはぶれ(前半) (後半)
(38) 絵仏師良秀家の焼をみてよろこぶこと
(39) 虎の鰐取たる事
(40) 樵夫、歌の事
(41) 伯母の事(前半) (後半)
(42) 同人仏事事
(43) 藤六の事
(44) 多田しんぼち郎等事
(45) いなばの国別当地蔵作さす事
(46) 臥見修理大夫俊綱事
(47) 長門前司女さうそうの時本所にかへる事
(48) 雀報恩事(上) (中) (下)
(46) 小野篁、広才の事
(50) 平貞文・本院侍従事(前半) (後半)
(51) 一条摂政歌事
(52) 狐家に火つくる事
休題閑話 第三巻の適当訳後記

第四巻
(53) 狐人につきてしとぎ食う事
(54) 左渡国に金ある事
(55) 薬師寺別富事
(56) 妹背嶋の事
(57) 石橋の下の蛇の事(前半) (後半)
(58) 東北院の菩提講の聖の事
(59) 三川の入道遁世の事(前半) (後半)
(60) 進命婦清水寺参事
(61) 業遠朝臣蘇生の事
(62) 篤昌忠恒等の事
(63) 後朱雀院丈六の佛作り奉り給ふ事
(64) 式部大輔実重賀茂の御正体拝み奉る事
(65) 智海法印癩人法談の事
(66) 白河院おそはれ給ふ事
(67) 永超僧都魚食ふ事
(68) 了延に実因湖水の中より法文の事
(69) 慈恵僧正戒壇築かれたる事
休題閑話 第四巻の適当訳後記

第五巻

(70) 四宮河原地蔵の事
(71) 伏見修理大夫の許へ殿上人ども行き向う事
(72) 以長、物忌の事
(73) 範久阿闍梨、西方を後にせぬ事
(74) 陪従家綱行綱、互ひに謀りたる事(前半) (後半)
(75) 同清仲の事
(76) 仮名暦あつらへたる事
(77) 実子にあらざる子の事(前半) (後半)
(78) 御室戸僧正事、一乗寺事(前半) (後半)
(79) ある僧人の許にて氷魚盗み食ひたる事
(80) 仲胤僧都、地主權現説法の事
(81) 大二条殿に小式部内侍歌読みかけ奉る事
(82) 山横川賀能地蔵の事
休題閑話 第五巻の適当訳後記

第六巻

(83) 広貴、炎魔王宮へ召る事
(84) 世尊寺に死人掘出す事
(85) 留志長者の事(前半) (後半)
(86) 清水寺に二千度参詣する者、双六に打入るる事
(87) 観音経、蛇に化して人輔け給う事(前半) (後半)
(88) 賀茂社より御幣紙米等給う事
(89) 信濃国筑摩湯に観音沐浴の事
(90) 帽子の叟、孔子と問答の事
(91) 僧伽多、羅刹国に行く事(上) (中) (下)
休題閑話 第六巻の適当訳後記

第七巻
(93) 五色の鹿の事(前半)(後半)
(93) 播磨守爲家の侍の事(前半)(後半)
(93) 三條の中納言水飯の事
(94) 検非違使、忠明の事
(95) 長谷寺参籠の男、利生に預る事
(96) 小野宮大饗の事、西宮殿富子路の大臣大饗の事(上)(中)(下)
(97) 式成、満、則員等三人滝口、弓芸の事
休題閑話 第七巻の適当訳後記

第八巻
(99) 大膳大夫以長、先駆の間の事
(100) 下野武正、大風雨日、参法性寺殿事
(101) 信濃国の聖の事(上)(中)(下)
(102) 敏行の朝臣の事(上)(中)(下)
(103) 東大寺華厳会の事
(104) 猟師仏を射る事
(105) 千手院僧正仙人
休題閑話 第八巻の適当訳後記

第九巻
(106) 滝口道則、術を習う事(上)(下)
(107) 宝志和尚、影の事
(108) 越前敦賀の女、観音たすけ給ふ事(1) (2)(3) (4)
(109) くうすけが佛供養の事(上) (中)(下)
(110) 恒正が郎等佛供養の事(上)(下)
(111) 歌よみて罪をゆるさるる事
(112) 大安寺別當女に嫁する男、夢見る事
(113) 博打聟入の事
休題閑話 第九巻の適当訳後記
 
第十巻
(114) 伴大納言応天門を焼く事(上)(下)
(115) 放鷹楽明暹に是季がならふ事
(116) 堀河院明暹に笛ふかさせ給ふ事
(117) 浄蔵が八坂坊に強盗入る事
(118) 播磨守定輔が事(上)(下)
(119) 吾妻人生贄を止むる事(1)(2)(3)(4)
(120) 豊前王の事
(121) 蔵人頓死の事
(122) 小槻当平の事
(123) 海賊発心出家の事(上)(中)(下)
休題閑話 第十巻の適当訳後記
 
第十一巻
(124) 青常の事(上)(下)
(125) 保輔盗人たる事
(126) 晴明を心みる僧の事
(127) 晴明蛙を殺す事
(128) 河内守頼信平忠恒をせむる事(上)(下)
(129) 白河法皇北面受領の下りのまねの事
(130) 蔵人得業猿沢池の竜の事
(131) 清水寺御帳たまはる女の事
(132) 則光盗人をきる事(上)(上)
(133) 空入水したる僧の事
(134) 日蔵上人吉野山にて鬼に逢ふ事
(135) 丹後守保昌下向の時致経父に逢ふ事
(136) 出家功徳の事

休題閑話 「今は昔」について
 
第十二巻
(137) 達磨天竺の僧の行を見る事
(138) 提婆菩薩竜樹菩薩の許に参る事
(139) 慈恵僧正受戒の日を延引する事
(140) 内記上人法師陰陽師の紙冠を破る事
(141) 持経者叡実効験の事
(142) 空也上人臂観音院僧正祈りなほす事
(143) 僧賀上人三条の宮に参り振舞の事
(144) 聖宝僧正一条大路をわたる事
(145) 穀断の聖不実露顕の事
(146) 季直少将歌の事
(147) 樵夫小童隠題歌よむ事
(148) 高忠侍歌よむ事
(149) 貫之歌の事
(150) 東人歌の事
(151) 河原院に融公の霊住む事
(152) 八歳童孔子と問答の事
(153) 鄭太尉の事
(154) 貧俗仏性を観じて富める事
(155) 宗行郎等虎を射る事(上)(下)
(156) 遣唐使の子虎に食はるる事


第十三巻
(161) 上緒の主金を得る事
(162) 元輔落馬の事
(163) 俊宣迷神にあふ事
(164) 亀を買ひてはなす事
(165) 夢買ふ人の事
(166) 大井光遠の妹強力の事
(167) 或唐人、女のひつじに生れたる知らずして殺す事
(168) 出雲寺別当の鯰になりたるを知りながら殺して食ふ事
(169) 念仏の僧魔往生の事
(170) 慈覚大師纐纈城に入り給ふ事
(171) 渡天の僧穴に入る事
(172) 寂昭上人鉢をとばす事
(173) 清滝川聖の事
(174) 優婆崛多弟子の事

休題閑話 第十三巻の適当訳後期


第十四巻
(175) 海雲比丘弟子童の事
(176) 寛朝僧正勇力の事
(177) 頼経蛇に逢ふ事
(178) 魚養の事
(179) 新羅国の后金榻の事
(180) 珠の価量り無き事
(181) 北面女雑使六の事
(182) 仲胤僧都連歌の事
(183) 大将つつしみの事
(184) 御堂関白御犬晴明等きどくの事
(185) 高階俊平が弟入道算術の事

休題閑話 第十四巻の適当訳後期


第十五巻
(186) 清見原天皇大友皇子と合戦の事
(187) 頼時が胡人見たる事
(188) 賀茂祭のかへり武正兼行御覧の事
(189) 門部府生海賊射かへす事
(190) 土佐の判官代通清、人たがひして関白殿に逢ひ奉る事
(191) 極楽寺僧仁王経を施す事
(192) 伊良縁の世恒毘沙門御下文の事
(193) 相応和尚都卒天にのぼる事附染殿の后祈り奉る事(上)(下)
(194) 仁戒上人往生の事
(195) 秦始皇天竺より来たる僧禁獄の事
(196) 後の千金の事
(197) 盗跖孔子と問答の事

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




 
 昔、経頼という相撲取りの家のかたわらに、
 古い川があって、深く淵になっている箇所があった。

 さてある夏。
 川の近くに木陰があるので、涼をとろうと、
 経頼は一重の薄ものだけを着て、着物をからげ、
 足駄履きで、二叉杖をつきながら、童子一人をお供にやって来た。

 川の淵は青くおそろしげで、底も見えない。
 葦や真菰といった背の高い草が生い繁っている辺を見つつ、
 水際へ立った経頼が、対岸は6-7反、50メートルほど離れているかなと見ているうち、
 ふと水が盛り上がり、こちらへ押し寄せてきた。
 何ごとだと思っていると、近づくにつれ、大蛇が頭を差し出しているのが分った。
「この蛇は大きいぞ。外へ出ようというのか」
 と見ていると、大蛇の方は頭をもたげて、こちらをじっと見つめた。

 何を考えているのかと思い、水際一尺ばかりの近くに立っていると、
 大蛇は、なおもしばらく見つめていたが、やがて水中へ頭を引き入れた。
 と、向うの岸から、水がみなぎってきた、と見るうち、
 またもこちらへ波を立てて大蛇が尾を水際から差し上げ、経頼の側へ近づけるので、
「この蛇、何を考えている」
 と、見ていると尾をいっそう近づけ、不意に、経頼の足へ三巻四巻と巻き付いたのである。

 何のつもりだと、立っていると、
 大蛇は尾を強く巻き付けた後、きしきしと引き立てようとするため、
 川へ引きずり込もうとするのだと、経頼、その時になって思い知った。
 足を踏みしめると、さらにまことに強く引くから、
 やがて経頼は履いていた足駄を踏み折った。

 引き倒されそうになるところを、なお身構えて踏みとどまっていると、
 大蛇は、強く引くと言うも愚かなほど、強烈に引いてくる。
 引きずり込まれる、と思うところを強く強く踏みこらえ、
 片側に五六寸、ふくらはぎまで水につかってなおも踏ん張った。

 経頼、たいそう引くものだと思っているうち、
 不意に、縄を切るような感触があって、水中にさっと血が沸き出したように見えたため、
 切れたかと、足を引けば、大蛇も退き、浮かび上がった。

 経頼が足に巻き付いた大蛇の尾を引きほどき、水で足を洗ったが、
 締め付けられた跡が消えない。
「酒で洗えば」
 と人が言うので、酒を取りにやって洗うなどした後、
 従者たちを呼んで、水から大蛇の尾を引き上げさせると、
 大きいというも愚か、切り口の大きさだけで幅一尺、30センチはあると見えた。

 頭の方を見にやると、向う岸にある木の根へ、頭の方を何重にも巻き付いた上で、
 尾を差しのばし、経頼の足へからみついて、引き合ったらしかった。
 力を入れすぎて、半ばで引きちぎれたのだろう。
 己の身が切れるのも知らずに引っ張っていたのだから、すさまじい。

 さて後に、この大蛇の力がどのくらいであったか試みようと、
 大きな縄を持って来て、大蛇が巻き付いたところへ巻き付け、
 十人ばかりで引かせたところ、経頼は、
「まだ足りない足りない」
 と言い、六十人ほどで引いた時に、
「このくらいであったと思う」
 と言ったものだった。

 これを思うに、経頼の力というのは、百人分ほどにもなるだろう。





原文
經頼蛇にあふ事
昔、經頼(つねより)といひける相撲(すまひ)の家のかたはらに、ふる河の有けるが、ふかき淵なる所ありけるに、夏、その川ちかく、木陰のありければ、かたびらばかり着て、中ゆひて、あしだはきて、またぶり杖といふものにつき、小童ひとり供に具して、とかく歩きけるが、涼まんとて、そのふちのかたはらの木陰に居りけり。ふち青くおそろしげにて、底もみえず。あし、こもなどいふ物、おひしげりたりけるを見て、汀ちかくたてりけるに、あなたの岸は、六七たんばかりはのきたるらんと見ゆるに、水のみなぎりて、こなたざまに來ければ、なにのするにかあらんと思程に、このかたの汀ちかくなりて、蛇の頭をさし出でたりければ、「この蛇大ならんかし。とざまにのぼらんとするにや」と見立てりけるほどに、蛇、かしらをもたげて、つくづくとまもりけり。
いかに思ふにかあらんと思ひて、汀一尺ばかりのきて、はた近く立てみければ、しばしばかり、まもりまもりて、頭を引入てけり。さてあなたの岸ざまに、水みなぎると見ける程に、又こなたざまに水波たちてのち、蛇の尾を汀よりさしあげて、わが立てる方ざまにさしよせければ、「この蛇、思ふやうのあるにこそ」とて、まかせて見立てりければ、猶さしよせて、經頼が足を三四返ばかりまとひけり。いかにせんずるにかあらんと思て、立てるほどに、まとひ得て、きしきしとひきければ、川に引きいれんとするにこそありけれと、その折に知りて、ふみつよりて立てりければ、いみじうつよく引と思ふほどに、はきたるあしだのはをふみ折りつ。引倒されぬべきをかまへてふみ直りて立てれば、つよくひくともおろかなり。ひきとられぬべくおぼゆるを、足をつよくふみ立てければ、かたつらに五六寸斗足をふみいれて立てりけり。よくひくなりと思ふほどに、縄などの切るゝやうに切るゝまゝに、水中に血のさつとわき出づる様にみえければ、きれぬる也とて、足をひきければ、蛇引さしてのぼりけり。
そのとき、足にまとひたる尾をひきほどきて、足を水にあらひけれども、蛇の跡うせざりければ、「酒にてぞあらふ」と、人のいひければ、酒とりにやりてあらひなどしてのちに、從者共よびて、尾のかたを引あげさせたりければ、大きなりどもおろかなり。きり口の大さ、わたり一尺ばかりあるらんとぞ見えける。かしらの方のきれを見せにやりたりければ、あなたの岸に木の根のありけるに、かしらにかたを、あまたかへりまとひて、尾をさしおこして、あしをまとひて引なりけり。力おおとりて、中より切れにけるなめり。我身の切るゝをもしらず引きけん、あさましきことなりかし。
其後蛇(くちなは)の力のほど、いくたりばかりの力にかありしとこゝろみんとて、大なる縄を、蛇の巻きたる所につけて、人十人ばかりして引かせけれども、「猶たらずたらず」といひて、六十人ばかりかゝりて引きける時にぞ、「かばかりぞおぼえし」といぎける。それを思ふに、經頼が力は、さは百人ばかりが力をもたるにやとおぼゆるなり。



適当訳者の呟き:
相撲取りは強いですね。

経頼:
つねより。不明ですが、平安時代、藤原道長のころ実際にいた相撲取りのようです。
ちなみにあたくしが参照している注釈書には、「頼経」とありました。

六七たんばかり:
川幅が6-7反だとあります。1反が長さだと2丈8尺、8.5メートルくらいだそうですが、そうすると大蛇が長すぎるので、違う1反かもしれません。
ちなみに面積の1反だと300坪、1ヘクタールにもなるので、さすがに違いますね。

蛇:
くちなわ。
平安から鎌倉時代にかけては、蛇のことを、こう呼ぶのが一般的だったようです。
「朽ちた縄」というところに語源があるようです。

またぶり杖:
枝をそのまま杖にしたような、Y字型の杖。
木偏に叉、木偏に亞で、「またぶり」です。










 

拍手[2回]

PR


記事にコメントを残す
名前
コメント
編集用   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]