忍者ブログ

宇治拾遺物語 現代語訳ブログ

中世日本の説話物語集「宇治拾遺物語」を現代語にして行く適当な個人ブログです。
順番に宇治拾遺物語の現代語訳・口語訳を載せて行って、、、完結しました!

【→詳細な目次ページ 】

ブログ内検索
最新記事
■宇治拾遺物語現代語訳 詳細目次

最新コメント



[06/15  tuzimoto]
[03/20  ]
[03/20  時代錯誤]
[03/18  チョフン]
[10/06  ayamarido]
適当訳者紹介
名前:あやまり堂
小説を書いています。
homepage
訪問者数
 
 
※おしらせ:Amazon Kindleでわたくし版「宇治拾遺物語」現代語訳第11巻を発売しました。(2016/03/09 記事更新)
わたくし版「宇治拾遺物語現代語訳」第10巻を発売しました。(2015/08/21 記事更新)
「第22回九州さが大衆文学賞」を受賞しましたー! 受賞作は、小説NON 2015年 07 月号 [雑誌] に掲載。
全話完訳を喜んで、あたくしのKDP小説無料キャンペーンやります! 詳細はホームページに。(2013/10/16)
目次・一覧を更新しました。(2013/8/5)
わたくし版「方丈記」現代語訳Amazon Kindle にあります。
適当訳者主催「てきすぽどーじん秀作撰」Amazon Kindle で販売中です!
SF往復書簡集「月と地球と」Amazon Kindle で販売中
目次・一覧を更新しました。(2013/2/8)
宇治拾遺とは関係ないですが、小説雑誌をつくってみました。(2012/10/31)
目次・一覧を更新しました。(2012/10/16)
目次・一覧を更新しました。(2012/07/17)
20万アクセスを超えてましたー。(2012/05/23)
ツイッタとかfacebookとかのボタンを設置してみました!(2012/03/01)
【宇治拾遺物語 総目次】 【このブログについて】
  
わたくし版現代語訳 目次
第一巻
(序) 宇治拾遺物語について
(1) 道命阿闍梨読経し五條道祖神聴聞する事
(2) 丹波国篠村、平茸のこと
(3) 鬼にこぶとらるる事(前半)(後半)
(4) 伴大納言の事
(5) 隨求陀羅尼を額に籠める法師の事
(6) 玉茎検知のこと
(7) 鹿の身代わり
(8) 易の占、金取出す事
(9) 宇治殿倒れさせ給いて実相房僧正験者に召るる事
(10) 秦兼久、通俊卿に向いて悪口の事
(11) 一生不犯僧
(12) 児のかいもちひするに空寝したる事
(13) 田舎児桜散みて泣く事
(14) 小藤太、婿におどさる
(15) 大童子鮭ぬすみたる事
(16) 尼、地蔵を見奉る事
(17) 修行者、百鬼夜行に遭うこと
(18) 利仁芋粥の事 (上) (中) (下)
休題閑話 第一巻の適当訳後記

第二巻
(19) 清徳聖、奇特の事
(20) 静観僧正祈る、雨を法験の事
(21) 静観僧正、大嶽の岩祈り失ふ事
(22) 金峰山の金箔打ち
(23) 紀用経の荒巻鯛 (前半) (後半)
(24) 厚行、死人を家より出すこと
(25) 鼻長僧の事(前半) (後半)
(26) 晴明、蔵人少将を封ずる事
(27) 季通、災いに遭はむとする事(前半) (後半)
(28) 袴垂、保昌に会う事
(29) あきひら欲合殃事
(30) 唐卒都婆、血つく事
(31) 成村、強力の学士に会う事
(32) 柿の木に仏現ずる事
休題閑話 第二巻の適当訳後記

第三巻
(33) 大太郎盗人事(前半) (後半)
(34) 藤大納言忠家物言女、放屁の事
(35) 小式部内侍定頼卿の経にめでたる事
(36) 山ぶし舟祈返事
(37) 鳥羽僧正与国俊たはぶれ(前半) (後半)
(38) 絵仏師良秀家の焼をみてよろこぶこと
(39) 虎の鰐取たる事
(40) 樵夫、歌の事
(41) 伯母の事(前半) (後半)
(42) 同人仏事事
(43) 藤六の事
(44) 多田しんぼち郎等事
(45) いなばの国別当地蔵作さす事
(46) 臥見修理大夫俊綱事
(47) 長門前司女さうそうの時本所にかへる事
(48) 雀報恩事(上) (中) (下)
(46) 小野篁、広才の事
(50) 平貞文・本院侍従事(前半) (後半)
(51) 一条摂政歌事
(52) 狐家に火つくる事
休題閑話 第三巻の適当訳後記

第四巻
(53) 狐人につきてしとぎ食う事
(54) 左渡国に金ある事
(55) 薬師寺別富事
(56) 妹背嶋の事
(57) 石橋の下の蛇の事(前半) (後半)
(58) 東北院の菩提講の聖の事
(59) 三川の入道遁世の事(前半) (後半)
(60) 進命婦清水寺参事
(61) 業遠朝臣蘇生の事
(62) 篤昌忠恒等の事
(63) 後朱雀院丈六の佛作り奉り給ふ事
(64) 式部大輔実重賀茂の御正体拝み奉る事
(65) 智海法印癩人法談の事
(66) 白河院おそはれ給ふ事
(67) 永超僧都魚食ふ事
(68) 了延に実因湖水の中より法文の事
(69) 慈恵僧正戒壇築かれたる事
休題閑話 第四巻の適当訳後記

第五巻

(70) 四宮河原地蔵の事
(71) 伏見修理大夫の許へ殿上人ども行き向う事
(72) 以長、物忌の事
(73) 範久阿闍梨、西方を後にせぬ事
(74) 陪従家綱行綱、互ひに謀りたる事(前半) (後半)
(75) 同清仲の事
(76) 仮名暦あつらへたる事
(77) 実子にあらざる子の事(前半) (後半)
(78) 御室戸僧正事、一乗寺事(前半) (後半)
(79) ある僧人の許にて氷魚盗み食ひたる事
(80) 仲胤僧都、地主權現説法の事
(81) 大二条殿に小式部内侍歌読みかけ奉る事
(82) 山横川賀能地蔵の事
休題閑話 第五巻の適当訳後記

第六巻

(83) 広貴、炎魔王宮へ召る事
(84) 世尊寺に死人掘出す事
(85) 留志長者の事(前半) (後半)
(86) 清水寺に二千度参詣する者、双六に打入るる事
(87) 観音経、蛇に化して人輔け給う事(前半) (後半)
(88) 賀茂社より御幣紙米等給う事
(89) 信濃国筑摩湯に観音沐浴の事
(90) 帽子の叟、孔子と問答の事
(91) 僧伽多、羅刹国に行く事(上) (中) (下)
休題閑話 第六巻の適当訳後記

第七巻
(93) 五色の鹿の事(前半)(後半)
(93) 播磨守爲家の侍の事(前半)(後半)
(93) 三條の中納言水飯の事
(94) 検非違使、忠明の事
(95) 長谷寺参籠の男、利生に預る事
(96) 小野宮大饗の事、西宮殿富子路の大臣大饗の事(上)(中)(下)
(97) 式成、満、則員等三人滝口、弓芸の事
休題閑話 第七巻の適当訳後記

第八巻
(99) 大膳大夫以長、先駆の間の事
(100) 下野武正、大風雨日、参法性寺殿事
(101) 信濃国の聖の事(上)(中)(下)
(102) 敏行の朝臣の事(上)(中)(下)
(103) 東大寺華厳会の事
(104) 猟師仏を射る事
(105) 千手院僧正仙人
休題閑話 第八巻の適当訳後記

第九巻
(106) 滝口道則、術を習う事(上)(下)
(107) 宝志和尚、影の事
(108) 越前敦賀の女、観音たすけ給ふ事(1) (2)(3) (4)
(109) くうすけが佛供養の事(上) (中)(下)
(110) 恒正が郎等佛供養の事(上)(下)
(111) 歌よみて罪をゆるさるる事
(112) 大安寺別當女に嫁する男、夢見る事
(113) 博打聟入の事
休題閑話 第九巻の適当訳後記
 
第十巻
(114) 伴大納言応天門を焼く事(上)(下)
(115) 放鷹楽明暹に是季がならふ事
(116) 堀河院明暹に笛ふかさせ給ふ事
(117) 浄蔵が八坂坊に強盗入る事
(118) 播磨守定輔が事(上)(下)
(119) 吾妻人生贄を止むる事(1)(2)(3)(4)
(120) 豊前王の事
(121) 蔵人頓死の事
(122) 小槻当平の事
(123) 海賊発心出家の事(上)(中)(下)
休題閑話 第十巻の適当訳後記
 
第十一巻
(124) 青常の事(上)(下)
(125) 保輔盗人たる事
(126) 晴明を心みる僧の事
(127) 晴明蛙を殺す事
(128) 河内守頼信平忠恒をせむる事(上)(下)
(129) 白河法皇北面受領の下りのまねの事
(130) 蔵人得業猿沢池の竜の事
(131) 清水寺御帳たまはる女の事
(132) 則光盗人をきる事(上)(上)
(133) 空入水したる僧の事
(134) 日蔵上人吉野山にて鬼に逢ふ事
(135) 丹後守保昌下向の時致経父に逢ふ事
(136) 出家功徳の事

休題閑話 「今は昔」について
 
第十二巻
(137) 達磨天竺の僧の行を見る事
(138) 提婆菩薩竜樹菩薩の許に参る事
(139) 慈恵僧正受戒の日を延引する事
(140) 内記上人法師陰陽師の紙冠を破る事
(141) 持経者叡実効験の事
(142) 空也上人臂観音院僧正祈りなほす事
(143) 僧賀上人三条の宮に参り振舞の事
(144) 聖宝僧正一条大路をわたる事
(145) 穀断の聖不実露顕の事
(146) 季直少将歌の事
(147) 樵夫小童隠題歌よむ事
(148) 高忠侍歌よむ事
(149) 貫之歌の事
(150) 東人歌の事
(151) 河原院に融公の霊住む事
(152) 八歳童孔子と問答の事
(153) 鄭太尉の事
(154) 貧俗仏性を観じて富める事
(155) 宗行郎等虎を射る事(上)(下)
(156) 遣唐使の子虎に食はるる事


第十三巻
(161) 上緒の主金を得る事
(162) 元輔落馬の事
(163) 俊宣迷神にあふ事
(164) 亀を買ひてはなす事
(165) 夢買ふ人の事
(166) 大井光遠の妹強力の事
(167) 或唐人、女のひつじに生れたる知らずして殺す事
(168) 出雲寺別当の鯰になりたるを知りながら殺して食ふ事
(169) 念仏の僧魔往生の事
(170) 慈覚大師纐纈城に入り給ふ事
(171) 渡天の僧穴に入る事
(172) 寂昭上人鉢をとばす事
(173) 清滝川聖の事
(174) 優婆崛多弟子の事

休題閑話 第十三巻の適当訳後期


第十四巻
(175) 海雲比丘弟子童の事
(176) 寛朝僧正勇力の事
(177) 頼経蛇に逢ふ事
(178) 魚養の事
(179) 新羅国の后金榻の事
(180) 珠の価量り無き事
(181) 北面女雑使六の事
(182) 仲胤僧都連歌の事
(183) 大将つつしみの事
(184) 御堂関白御犬晴明等きどくの事
(185) 高階俊平が弟入道算術の事

休題閑話 第十四巻の適当訳後期


第十五巻
(186) 清見原天皇大友皇子と合戦の事
(187) 頼時が胡人見たる事
(188) 賀茂祭のかへり武正兼行御覧の事
(189) 門部府生海賊射かへす事
(190) 土佐の判官代通清、人たがひして関白殿に逢ひ奉る事
(191) 極楽寺僧仁王経を施す事
(192) 伊良縁の世恒毘沙門御下文の事
(193) 相応和尚都卒天にのぼる事附染殿の后祈り奉る事(上)(下)
(194) 仁戒上人往生の事
(195) 秦始皇天竺より来たる僧禁獄の事
(196) 後の千金の事
(197) 盗跖孔子と問答の事

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




 
 今は昔、遍照寺の寛朝僧正という人が、
 仁和寺も親しく知るところだったので、そこの壊れた箇所を修理させようと、
 大工や職人を大勢集めて、作業させた。

 さて日も暮れて、大工たちがそれぞれ帰った後、
 今日の進み具合はいかがであろうと思い、
 僧正が衣服をからげ、高足駄を履いて、一人きりで歩きながら、
 足場を組んだ辺を見て回っていた。

 夕暮れ間近と思しき時分。
 ふいに、烏帽子もひき垂れた、顔もよく見えない黒装束の男が、前に出てきて、
 逆さまに抜いた刀を引き隠したように持ちながら膝をついたので、
 僧正は、
「おまえは何者か」
 と尋ねた。

 男は、片膝をついたまま、
「あわれな者にござる。
 寒さに耐えがたくおりますので、御身につけている衣を、
 一つ二つ下さるようにと思っております」
 と言いつつ、跳びかかろうとする気色を見せた。

 僧正は、
「大層なことでもない。このように恐ろしげに脅さずとも良いに、
 ただ衣を望むことをせず、けしからぬ、おぬしの心ばえだ」
 言いながら、さっと回り込むや、男の尻を、はたと蹴りつけたため、
 男はそのまま、かき消えるようにして見えなくなった。

 僧正はゆうゆうと歩いて戻り、坊舎の近くへ行くと、
「誰かおるか」
 と声高に呼ばわった。

 そして中から走って出てくる小坊師に、
「行って、火を灯して来い。
 わしの衣を剥がそうとする男が不意に消えたのが不審なれば、確かめようと思う。
 法師どもを呼び、みなで参るぞ」
 と言うので、小坊師は走って戻り、
「僧正様が引き剥ぎに遭われました。御坊たち、お越し下さい」
 そう呼びかけると、各坊社の僧侶たちが火を灯し、
 太刀をさげて七八人、十人と出てきた。

「盗人はどこにおりますか」
 と問えば、
「そこにいた盗人が、わしの衣を剥がそうとするゆえ、
 剥がされては寒くなると思い、尻をほうと蹴れば消え失せた。
 火を高くともして、隠れておるかを見よ」
 そう仰せになるので、法師どもは、
「不思議なことを仰せになるものだ」
 ともかく火を振りながらその方へ見て回る。

 と、足場の杭に挟まって、動くに動けない男がある。
「あそこに人がいるぞ。大工のようだが、黒い装束を着ているぞ」
 と、足場へ登って見ると、
 男は杭の中へ挟まって、身じろぎもできず、弱り切った顔をしていた。

 それでも逆手に持った刀はそのままだったから、
 それを見つけ、法師たちが近寄り、刀も、髻も、腕も取り上げ、
 引き上げ、そして下ろすと、僧正は坊舎へ連れ帰り、
「これから先は、老法師だからといって、侮るでないぞ。実に情けないことだ」
 と言い、身につけた衣の中から、厚い綿衣を脱いで与えると、
 そのまま追い出してやるのだった。





原文
寛朝僧正勇力の事
今は昔、遍照寺(へんぜうじ)僧正寛朝といふ人、仁和寺をもしりければ、仁和寺のやぶれたるところ修理せさすとて、番匠(ばんじゃう)どもあまたつどひて作けり。日暮て、番匠ども、おのおの出でてのちに、けふの造作はいかほどしたるぞとみむと思て、僧正、中結ひうちして、たかあしだはきて、たゞひとり歩みきて、あかるくいども結ひたるもとにたちまはりて、なま夕暮にみられける程に、くろき装束したる男の、烏帽子引たれて、かほたしかにも見えずして、僧正の前に出來て、ついゐて、刀をさかさまにぬきて、ひきかくしたるやうにもてなして居たりければ、僧正「かれは何者ぞ」と問けり。男、かた膝をつきて、「わび人に侍り。寒さのたへがたく侍に、そのたてまつりたる御衣、一二(ひとつふたつ)、おろし申さんと思給なり」といふまゝに、飛かゝらんと思たるけしきなりければ、「ことにもあらぬことにこそあんなれ。 かくおそろしげにおどさずとも、たゞ乞はで、けしからぬぬしの心ぎはかな」といふまゝに、ちうと立ちめぐりて、尻をふたと蹴たりければ、蹴らるるまゝ に、男かきけちて見えずなりにければ、やはら歩み歸て、坊のもと近く行て、「人やある」と、たかやかによびければ、坊より、小法師走來にけり。僧正「行て火ともして來よ。こゝに我衣はがんとしつる男の、俄に失ぬるがあやしければ、見んと思ふぞ。法師ばら、よび具して來」と、のたまひければ、小法師、走かへりて、「御坊ひはぎにあはせ給たり。御房たち、参り給へ」と、よばゝりければ、 坊々にありとある僧ども、火ともし、太刀さげて、七八人、十人と出できにけり。
 「いづくにぬす人はさぶらふぞ」と問ければ、「爰(ここ)にゐたりつる盗人の、我衣をはがむとしつれば、はがれては寒かりぬべくおぼえて、しりをほうと蹴たれば、うせぬるなり。火を高くともして、かくれ居る かと見よ」とのたまひければ、法師ばら「をかしくも仰らるゝかな」とて、火をうちふりつゝ、かみざまを見るほどに、あかるくいの中におちつまりて、えはたらかぬ男あり。「かしこにこそ人は見え侍けれ。番匠にやあらんと思へども、くろき装束したり」といひて、のぼりて見れば、あかるくい の中におちはさまりて、みじろぐべきやうもなくて、うんじ顔つくりてあり。さかてにぬきたりける刀は、いまだ持たり。それを見つけて、法師ばらよ りて、刀も、もとどりも、かいなとを、とりてひきあげて、おろして率て参りたり。具して坊に歸りて、「今より後、老法師とて、なあなづりそ。いとびんなきことなり」といひて、着たりける衣の中に、綿あつかりけるをぬぎて、とらせて、追ひいだしてやりてけり。



適当訳者の呟き:
じいさんが、職人を蹴っ飛ばしたのですね。

遍照寺:
へんしょうじ。
今でもあります(Google Map)。寛平法皇(宇多天皇)の孫、寛朝僧正が広沢池畔の山荘を改めて寺院にしたもの。

寛朝僧正:
宇多天皇のお孫さんで、「広沢の僧正」とも言います。
安倍晴明のお話で、一度ちらっと登場しています。

仁和寺:
僧正のおじいさま、宇多天皇が出家して、「御室」と言われるようになりました。

番匠:
ばんしょう。大工、職人。そのまま書いても良かったかもしれません。

あかるくいの中におちはさまり:
上がる杭の中に落ち挟まり。
上がる杭というのは、要するに建物の「足場」のことです。
追跡の僧侶が「のぼりて」とか、最終的に強盗未遂犯人を「ひきあげて、おろして」とありますので、単なる穴とか隙間に落ち込んだのではないと思いました。
広沢の老僧正が蹴っ飛ばしたら、賊は足場の高いところへ挟まってしまった――と言った方が、物語的におもしろいです。








 

拍手[3回]

PR


記事にコメントを残す
名前
コメント
編集用   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]