忍者ブログ

宇治拾遺物語 現代語訳ブログ

中世日本の説話物語集「宇治拾遺物語」を現代語にして行く適当な個人ブログです。
順番に宇治拾遺物語の現代語訳・口語訳を載せて行って、、、完結しました!

【→詳細な目次ページ 】

ブログ内検索
最新記事
■宇治拾遺物語現代語訳 詳細目次

最新コメント



[06/15  tuzimoto]
[03/20  ]
[03/20  時代錯誤]
[03/18  チョフン]
[10/06  ayamarido]
適当訳者紹介
名前:あやまり堂
小説を書いています。
homepage
訪問者数
 
 
※おしらせ:Amazon Kindleでわたくし版「宇治拾遺物語」現代語訳第11巻を発売しました。(2016/03/09 記事更新)
わたくし版「宇治拾遺物語現代語訳」第10巻を発売しました。(2015/08/21 記事更新)
「第22回九州さが大衆文学賞」を受賞しましたー! 受賞作は、小説NON 2015年 07 月号 [雑誌] に掲載。
全話完訳を喜んで、あたくしのKDP小説無料キャンペーンやります! 詳細はホームページに。(2013/10/16)
目次・一覧を更新しました。(2013/8/5)
わたくし版「方丈記」現代語訳Amazon Kindle にあります。
適当訳者主催「てきすぽどーじん秀作撰」Amazon Kindle で販売中です!
SF往復書簡集「月と地球と」Amazon Kindle で販売中
目次・一覧を更新しました。(2013/2/8)
宇治拾遺とは関係ないですが、小説雑誌をつくってみました。(2012/10/31)
目次・一覧を更新しました。(2012/10/16)
目次・一覧を更新しました。(2012/07/17)
20万アクセスを超えてましたー。(2012/05/23)
ツイッタとかfacebookとかのボタンを設置してみました!(2012/03/01)
【宇治拾遺物語 総目次】 【このブログについて】
  
わたくし版現代語訳 目次
第一巻
(序) 宇治拾遺物語について
(1) 道命阿闍梨読経し五條道祖神聴聞する事
(2) 丹波国篠村、平茸のこと
(3) 鬼にこぶとらるる事(前半)(後半)
(4) 伴大納言の事
(5) 隨求陀羅尼を額に籠める法師の事
(6) 玉茎検知のこと
(7) 鹿の身代わり
(8) 易の占、金取出す事
(9) 宇治殿倒れさせ給いて実相房僧正験者に召るる事
(10) 秦兼久、通俊卿に向いて悪口の事
(11) 一生不犯僧
(12) 児のかいもちひするに空寝したる事
(13) 田舎児桜散みて泣く事
(14) 小藤太、婿におどさる
(15) 大童子鮭ぬすみたる事
(16) 尼、地蔵を見奉る事
(17) 修行者、百鬼夜行に遭うこと
(18) 利仁芋粥の事 (上) (中) (下)
休題閑話 第一巻の適当訳後記

第二巻
(19) 清徳聖、奇特の事
(20) 静観僧正祈る、雨を法験の事
(21) 静観僧正、大嶽の岩祈り失ふ事
(22) 金峰山の金箔打ち
(23) 紀用経の荒巻鯛 (前半) (後半)
(24) 厚行、死人を家より出すこと
(25) 鼻長僧の事(前半) (後半)
(26) 晴明、蔵人少将を封ずる事
(27) 季通、災いに遭はむとする事(前半) (後半)
(28) 袴垂、保昌に会う事
(29) あきひら欲合殃事
(30) 唐卒都婆、血つく事
(31) 成村、強力の学士に会う事
(32) 柿の木に仏現ずる事
休題閑話 第二巻の適当訳後記

第三巻
(33) 大太郎盗人事(前半) (後半)
(34) 藤大納言忠家物言女、放屁の事
(35) 小式部内侍定頼卿の経にめでたる事
(36) 山ぶし舟祈返事
(37) 鳥羽僧正与国俊たはぶれ(前半) (後半)
(38) 絵仏師良秀家の焼をみてよろこぶこと
(39) 虎の鰐取たる事
(40) 樵夫、歌の事
(41) 伯母の事(前半) (後半)
(42) 同人仏事事
(43) 藤六の事
(44) 多田しんぼち郎等事
(45) いなばの国別当地蔵作さす事
(46) 臥見修理大夫俊綱事
(47) 長門前司女さうそうの時本所にかへる事
(48) 雀報恩事(上) (中) (下)
(46) 小野篁、広才の事
(50) 平貞文・本院侍従事(前半) (後半)
(51) 一条摂政歌事
(52) 狐家に火つくる事
休題閑話 第三巻の適当訳後記

第四巻
(53) 狐人につきてしとぎ食う事
(54) 左渡国に金ある事
(55) 薬師寺別富事
(56) 妹背嶋の事
(57) 石橋の下の蛇の事(前半) (後半)
(58) 東北院の菩提講の聖の事
(59) 三川の入道遁世の事(前半) (後半)
(60) 進命婦清水寺参事
(61) 業遠朝臣蘇生の事
(62) 篤昌忠恒等の事
(63) 後朱雀院丈六の佛作り奉り給ふ事
(64) 式部大輔実重賀茂の御正体拝み奉る事
(65) 智海法印癩人法談の事
(66) 白河院おそはれ給ふ事
(67) 永超僧都魚食ふ事
(68) 了延に実因湖水の中より法文の事
(69) 慈恵僧正戒壇築かれたる事
休題閑話 第四巻の適当訳後記

第五巻

(70) 四宮河原地蔵の事
(71) 伏見修理大夫の許へ殿上人ども行き向う事
(72) 以長、物忌の事
(73) 範久阿闍梨、西方を後にせぬ事
(74) 陪従家綱行綱、互ひに謀りたる事(前半) (後半)
(75) 同清仲の事
(76) 仮名暦あつらへたる事
(77) 実子にあらざる子の事(前半) (後半)
(78) 御室戸僧正事、一乗寺事(前半) (後半)
(79) ある僧人の許にて氷魚盗み食ひたる事
(80) 仲胤僧都、地主權現説法の事
(81) 大二条殿に小式部内侍歌読みかけ奉る事
(82) 山横川賀能地蔵の事
休題閑話 第五巻の適当訳後記

第六巻

(83) 広貴、炎魔王宮へ召る事
(84) 世尊寺に死人掘出す事
(85) 留志長者の事(前半) (後半)
(86) 清水寺に二千度参詣する者、双六に打入るる事
(87) 観音経、蛇に化して人輔け給う事(前半) (後半)
(88) 賀茂社より御幣紙米等給う事
(89) 信濃国筑摩湯に観音沐浴の事
(90) 帽子の叟、孔子と問答の事
(91) 僧伽多、羅刹国に行く事(上) (中) (下)
休題閑話 第六巻の適当訳後記

第七巻
(93) 五色の鹿の事(前半)(後半)
(93) 播磨守爲家の侍の事(前半)(後半)
(93) 三條の中納言水飯の事
(94) 検非違使、忠明の事
(95) 長谷寺参籠の男、利生に預る事
(96) 小野宮大饗の事、西宮殿富子路の大臣大饗の事(上)(中)(下)
(97) 式成、満、則員等三人滝口、弓芸の事
休題閑話 第七巻の適当訳後記

第八巻
(99) 大膳大夫以長、先駆の間の事
(100) 下野武正、大風雨日、参法性寺殿事
(101) 信濃国の聖の事(上)(中)(下)
(102) 敏行の朝臣の事(上)(中)(下)
(103) 東大寺華厳会の事
(104) 猟師仏を射る事
(105) 千手院僧正仙人
休題閑話 第八巻の適当訳後記

第九巻
(106) 滝口道則、術を習う事(上)(下)
(107) 宝志和尚、影の事
(108) 越前敦賀の女、観音たすけ給ふ事(1) (2)(3) (4)
(109) くうすけが佛供養の事(上) (中)(下)
(110) 恒正が郎等佛供養の事(上)(下)
(111) 歌よみて罪をゆるさるる事
(112) 大安寺別當女に嫁する男、夢見る事
(113) 博打聟入の事
休題閑話 第九巻の適当訳後記
 
第十巻
(114) 伴大納言応天門を焼く事(上)(下)
(115) 放鷹楽明暹に是季がならふ事
(116) 堀河院明暹に笛ふかさせ給ふ事
(117) 浄蔵が八坂坊に強盗入る事
(118) 播磨守定輔が事(上)(下)
(119) 吾妻人生贄を止むる事(1)(2)(3)(4)
(120) 豊前王の事
(121) 蔵人頓死の事
(122) 小槻当平の事
(123) 海賊発心出家の事(上)(中)(下)
休題閑話 第十巻の適当訳後記
 
第十一巻
(124) 青常の事(上)(下)
(125) 保輔盗人たる事
(126) 晴明を心みる僧の事
(127) 晴明蛙を殺す事
(128) 河内守頼信平忠恒をせむる事(上)(下)
(129) 白河法皇北面受領の下りのまねの事
(130) 蔵人得業猿沢池の竜の事
(131) 清水寺御帳たまはる女の事
(132) 則光盗人をきる事(上)(上)
(133) 空入水したる僧の事
(134) 日蔵上人吉野山にて鬼に逢ふ事
(135) 丹後守保昌下向の時致経父に逢ふ事
(136) 出家功徳の事

休題閑話 「今は昔」について
 
第十二巻
(137) 達磨天竺の僧の行を見る事
(138) 提婆菩薩竜樹菩薩の許に参る事
(139) 慈恵僧正受戒の日を延引する事
(140) 内記上人法師陰陽師の紙冠を破る事
(141) 持経者叡実効験の事
(142) 空也上人臂観音院僧正祈りなほす事
(143) 僧賀上人三条の宮に参り振舞の事
(144) 聖宝僧正一条大路をわたる事
(145) 穀断の聖不実露顕の事
(146) 季直少将歌の事
(147) 樵夫小童隠題歌よむ事
(148) 高忠侍歌よむ事
(149) 貫之歌の事
(150) 東人歌の事
(151) 河原院に融公の霊住む事
(152) 八歳童孔子と問答の事
(153) 鄭太尉の事
(154) 貧俗仏性を観じて富める事
(155) 宗行郎等虎を射る事(上)(下)
(156) 遣唐使の子虎に食はるる事


第十三巻
(161) 上緒の主金を得る事
(162) 元輔落馬の事
(163) 俊宣迷神にあふ事
(164) 亀を買ひてはなす事
(165) 夢買ふ人の事
(166) 大井光遠の妹強力の事
(167) 或唐人、女のひつじに生れたる知らずして殺す事
(168) 出雲寺別当の鯰になりたるを知りながら殺して食ふ事
(169) 念仏の僧魔往生の事
(170) 慈覚大師纐纈城に入り給ふ事
(171) 渡天の僧穴に入る事
(172) 寂昭上人鉢をとばす事
(173) 清滝川聖の事
(174) 優婆崛多弟子の事

休題閑話 第十三巻の適当訳後期


第十四巻
(175) 海雲比丘弟子童の事
(176) 寛朝僧正勇力の事
(177) 頼経蛇に逢ふ事
(178) 魚養の事
(179) 新羅国の后金榻の事
(180) 珠の価量り無き事
(181) 北面女雑使六の事
(182) 仲胤僧都連歌の事
(183) 大将つつしみの事
(184) 御堂関白御犬晴明等きどくの事
(185) 高階俊平が弟入道算術の事

休題閑話 第十四巻の適当訳後期


第十五巻
(186) 清見原天皇大友皇子と合戦の事
(187) 頼時が胡人見たる事
(188) 賀茂祭のかへり武正兼行御覧の事
(189) 門部府生海賊射かへす事
(190) 土佐の判官代通清、人たがひして関白殿に逢ひ奉る事
(191) 極楽寺僧仁王経を施す事
(192) 伊良縁の世恒毘沙門御下文の事
(193) 相応和尚都卒天にのぼる事附染殿の后祈り奉る事(上)(下)
(194) 仁戒上人往生の事
(195) 秦始皇天竺より来たる僧禁獄の事
(196) 後の千金の事
(197) 盗跖孔子と問答の事

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




『鬼にこぶとらるる事』

 これも今は昔、右側の頬に、大きなこぶのある爺さんがいた。
 ある日、こぶ爺さんが、いつものように山へ行くと、
 にわかに風雨がはげしくなって、山をおりることができなくなった。

 そこで仕方なく一晩明かそうと決めたものの、
 山小屋も見つからず、おそろしくて仕方がない。
 何とか大木の根元に空洞が見つかったので、そこで震えていると、
 向うの方から、大勢の人の大きな声が聞こえてくる。

 何せ怖かったから、やれ人の気配だぞと、ほっとして覗いてみると、
 そこにたくさんの鬼がいたものだから、ぶったまげてしまった。

 さまざまな大きさで、赤鬼は青の着物、黒鬼は赤フンを締めて、
 大きな一つ目の奴がいると思えば、口の無い奴など、
 口に出すのも恐ろしい鬼どもが、
 100人ばかりもひしめいて、
 赤々と炎を燃やし、こぶ爺さんのすぐ目の前で宴を始めるのである。

 リーダーとおぼしき奴が正面にいて、
 左右に数え切れないほどの鬼が居並んでいる。

 とんでもなく恐ろしかったが、
 酒を食らい始め、ドンチャン騒ぎする様子は、
 何となく人間の宴会と変らない感じがした。

 やがて何度も杯が回って、鬼リーダーはことのほか酔っ払った様子となった。
 末席の若い鬼が何ごとかを言って、酔った鬼リーダーを笑わせるなどして、
 その様子は、本当に、ただの人間に変らない。
 舞い踊る鬼たちには、上手な奴もいれば下手な奴もいる。

「これは、意外なことになったなあ」
 と、半ばワクワクしながらこぶ爺さんが見ていると、
 鬼リーダーが、
「よし、今日はいつも以上に盛り上がっているな。
 誰ぞほかに、珍しい舞をやれる奴はいないか」
 などと言うものだから、何かに取り憑かれたのか、はたまた神仏の叡慮か、
 こぶ爺さんは、もう我慢できなくなって、
「思い切って、踊りに出てみようか」

 そして、一度は思いとどまったものの、鬼どもがやんやと打ち叩く拍子が、
 とにかく心踊らせるものだから、
「よし、行こう。死んだらそれまでのことだ!」
 と、帽子を鼻にひっかけつつ洞穴から這い出て、
 腰に木を切る斧を指したまま、鬼リーダーの前へ進み出たのだった。

「やや、何だこいつは!」
 とさすがの鬼たちも驚き、大騒ぎになるが、
 こぶ爺さんは、伸び上がり、かがみ込んで、また身をくねらせてかけ声を発し、
 そこら辺を走り回って、大いに踊り狂うものだから、
 鬼リーダーをはじめとして一座の鬼どもはたいそう楽しむことになる。

 やがて鬼リーダーは、
「いやはや、長年こうして遊んできたが、おまえのような者に会ったことはない。
 よし、爺さん、これから毎度の宴会には必ず顔を出してくれるか」
 そんなことを言うから、爺さんも、
「もちろんでございますとも。
 今日は急なことでしたので、秘伝の舞がやれませんでしたが、
 こんなにお楽しみいただけるなら、今度はちゃんと舞わせていただきますよ」

 すると奥から三番目の鬼が、
「いや、そうは言っても、二度とは来ないかもしれない。
 何かこいつから質物を取っておこうではないか」
 と言うものだから、
「うむ。では何を取ろうか」
 とみんなで口々に話し合ううちに、鬼リーダーが、
「では、この爺さんの顔に付いている、こぶを取ろう。
 こぶは縁起物だから、これを奪っておけば、次も必ず来るであろう」

 そんなことを言い出したから、こぶ爺さんはびっくりして、
「目や鼻をお取りになっても、このこぶだけは勘弁してくださいませ。
 長年こうして付けてきたものを、そんなことで取られては道理に合いません」
「そういうものだからこそ取るのだ。それ、奪ってしまえ」
 鬼リーダーの言葉に、鬼どもが寄ってきて、
「よし、取るぞ」
 と言って、こぶをねじ切ってしまった。
 だが、別に痛くもなくて、
「うむ、この次も必ず遊びに参れよ」
 などと、朝鳥が鳴き始めるのにあわせて、鬼たちは帰って行った。

 こぶ爺さん、自分の頬を撫でてみると、長年付けてきたこぶがあとかたも無く、
 掻いぬぐったようにつやつやしていたので、
 木材の切り出しも忘れて、家に飛んで帰った。

【つづき】


原文
鬼にこぶとらるゝ事
これもいまはむかし、右のかほに大なるこぶあるおきなありけり。大よそ山へ行ぬ。雨風はしたなくて歸におよばで、山の中に心にもあらずとまりぬ。又木こりもなかりけり。おそろしさすべきかたなし。木のうつぼの有けるにはひ入て、目もあはずかがまりてゐたるほどに、はるかより人の聲おほくしてどゞめきくるおとす。いかにも山の中にたゞひとりゐたるに人のけはひのしければ、すこしいき出る心ちしてみいだしければ、大かたやうやうさまざまなる物どもあかき色には青き物をき、くろき色にはあかきものをき、たふさぎにかき、大かた目一あるものあり、口なき物など大かたいかにもいふべきにあらぬ物ども百人ばかりひしめきあつまりて、火をてんのめのごとくにともして、我ゐたるうつぼ木のまへにゐまはりぬ。大かたいとゞ物おぼえず。
むねとあるとみゆる鬼よこ座にゐたり。うらうへに二ならびに居なみたる鬼かずをしらず。そのすがたおのおのいひつくしがたし。酒まゐらせあそぶありさま、この世の人のする定なり。たびたびかはらけはじまりて、むねとの鬼ことの外にゑひたるさまなり。すゑよりわかき鬼一人立て、折敷をかざしてなにといふにか口説ぐせざることをいひて、よこ座の鬼のまへにねりいでゝくどくめり。横座の鬼盃を左の手にもちてゑみこだれたるさま、たゞこの世の人のごとし。舞て入ぬ。次第に下よりまふ。あしくよくまふもあり。
「あさまし。」とみるほどに、このよこ座にゐたる鬼のいふやう、「こよひの御あそびこそいつにもすぐれたれ。たゞしさもめづらしからん、かなで〔弄〕をみばや。」などいふに、この翁ものゝつきたりけるにや、また神佛の思はせ給けるにや、「あはれはしりいでゝまはゞや。」とおもふを、一どはおもひかへしつ。それになにとなく鬼どもがうちあげたる拍子のよげにきこえければ、「さもあれたゞはしりいでゝまひてん。死なばさてありなん。」と思とりて、木のうつぼよりゑぼしははなにたれかけたる翁の、こしによきといふ木きるものさして、よこ座の鬼のゐたるまへにをどり出たり。この鬼どもをどりあがりて、「こはなにぞ。」とさわぎあへり。おきなのびあがりかゞまりてまふべきかぎり、すぢりもぢりえいごゑをいだして一庭をはしりまはりまふ。よこ座の鬼よりはじめてあつまりゐたる鬼どもあざみ興ず。
よこ座の鬼のいはく、「おほくのとしごろこのあそびをしつれども、いまだかゝるものにこそあはざりつれ。いまよりこのおきなかやうの御あそびにかならずまゐれ。」といふ。おきな申やう、「さたにおよび候はずまゐり候べし。このたびにはかにてをさめの手〔秘曲〕もわすれ候にたり。かやうに御らむにかなひ候はゞ、しづかにつかうまつり候はん。」といふ。よこ座の鬼、「いみじう申たり。かならずまゐるべきなり。」といふ。奧の座の三番にゐたる鬼、「この翁はかくは申候へども、まゐらぬことも候はんずらん。おぼしゝしちをやとらるべく候らん。」といふ。よこ座の鬼「しかるべししかるべし。」といひて、「なにをかとるべき。」とおのおのいひさたするに、よこ座の鬼のいふやう、「かのおきながつらにあるこぶをやとるべき。こぶはふくのものなればそれをやをしみおもふらん。」といふに、おきながいふやう、「たゞ目はなをばめすともこのこぶはゆるし給候はん。とし比もちて候ものを、ゆゑなくめされすぢなきことに候なん。」といへば、よこ座の鬼、「かうをしみ申物なり。たゞそれを取べし。」といへば、鬼よりて「さはとるぞ。」とて、ねぢてひくに大かたいたきことなし。「さてかならずこのたびの御あそびにまゐるべし。」とて、曉に鳥などもなきぬれば鬼どもかへりぬ。おきなかほをさぐるに年來ありしこぶあとかたなくかいのごひたるやうにつやつやなかりければ、木こらんこともわすれていへにかへりぬ。




適当訳者の呟き)
鬼の描写のうち、「たふさぎにかき」
犢鼻褌に欠き、で良いように思いましたが、微妙に分りません。「にかき」?

「あかき色には青き物をき、くろき色にはあかきものをき、たふさぎにかき」
(当初訳:赤鬼は青い着物を身につけ、黒鬼は赤い着物を身につけ、ふんどしは付けず)
とあるところを、※新潮の新編日本古典文学全集では、
「赤き色には青き物をき、くろき色には赤き物を褌(たふさぎ)にかき」というふうに、「き」を省いて、意味が通るようにしていました。
 私のコピペ先が誤ったのか、新潮が誤ったのか、底本がそもそも違っているのか。。とりあえず新潮に従い、本適当訳でも、
「赤鬼は青いものを身につけ、黒鬼は赤フンを締めて」
としましたー。






拍手[10回]

PR


記事にコメントを残す
名前
コメント
編集用   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
「たふさぎにかき」はわかりにくい表現ですが、たぶんフンドシをして、ということだろうと思いますよ。
キョン太 2015/05/26(Tue)14:29:19 編集
ありがとございます。
新潮と、あたくしのコピペ原文を比較すると、そもそもの原文に若干の違いがあったのですが、そりゃ新潮の方が正しかろうと、修正いたしました。
あやまり堂 2015/05/27(Wed)14:07:20 編集
忍者ブログ [PR]