忍者ブログ

宇治拾遺物語 現代語訳ブログ

中世日本の説話物語集「宇治拾遺物語」を現代語にして行く適当な個人ブログです。
順番に宇治拾遺物語の現代語訳・口語訳を載せて行って、、、完結しました!

【→詳細な目次ページ 】

ブログ内検索
最新記事
■宇治拾遺物語現代語訳 詳細目次

最新コメント



[06/15  tuzimoto]
[03/20  ]
[03/20  時代錯誤]
[03/18  チョフン]
[10/06  ayamarido]
適当訳者紹介
名前:あやまり堂
小説を書いています。
homepage
訪問者数
 
 
※おしらせ:Amazon Kindleでわたくし版「宇治拾遺物語」現代語訳第11巻を発売しました。(2016/03/09 記事更新)
わたくし版「宇治拾遺物語現代語訳」第10巻を発売しました。(2015/08/21 記事更新)
「第22回九州さが大衆文学賞」を受賞しましたー! 受賞作は、小説NON 2015年 07 月号 [雑誌] に掲載。
全話完訳を喜んで、あたくしのKDP小説無料キャンペーンやります! 詳細はホームページに。(2013/10/16)
目次・一覧を更新しました。(2013/8/5)
わたくし版「方丈記」現代語訳Amazon Kindle にあります。
適当訳者主催「てきすぽどーじん秀作撰」Amazon Kindle で販売中です!
SF往復書簡集「月と地球と」Amazon Kindle で販売中
目次・一覧を更新しました。(2013/2/8)
宇治拾遺とは関係ないですが、小説雑誌をつくってみました。(2012/10/31)
目次・一覧を更新しました。(2012/10/16)
目次・一覧を更新しました。(2012/07/17)
20万アクセスを超えてましたー。(2012/05/23)
ツイッタとかfacebookとかのボタンを設置してみました!(2012/03/01)
【宇治拾遺物語 総目次】 【このブログについて】
  
わたくし版現代語訳 目次
第一巻
(序) 宇治拾遺物語について
(1) 道命阿闍梨読経し五條道祖神聴聞する事
(2) 丹波国篠村、平茸のこと
(3) 鬼にこぶとらるる事(前半)(後半)
(4) 伴大納言の事
(5) 隨求陀羅尼を額に籠める法師の事
(6) 玉茎検知のこと
(7) 鹿の身代わり
(8) 易の占、金取出す事
(9) 宇治殿倒れさせ給いて実相房僧正験者に召るる事
(10) 秦兼久、通俊卿に向いて悪口の事
(11) 一生不犯僧
(12) 児のかいもちひするに空寝したる事
(13) 田舎児桜散みて泣く事
(14) 小藤太、婿におどさる
(15) 大童子鮭ぬすみたる事
(16) 尼、地蔵を見奉る事
(17) 修行者、百鬼夜行に遭うこと
(18) 利仁芋粥の事 (上) (中) (下)
休題閑話 第一巻の適当訳後記

第二巻
(19) 清徳聖、奇特の事
(20) 静観僧正祈る、雨を法験の事
(21) 静観僧正、大嶽の岩祈り失ふ事
(22) 金峰山の金箔打ち
(23) 紀用経の荒巻鯛 (前半) (後半)
(24) 厚行、死人を家より出すこと
(25) 鼻長僧の事(前半) (後半)
(26) 晴明、蔵人少将を封ずる事
(27) 季通、災いに遭はむとする事(前半) (後半)
(28) 袴垂、保昌に会う事
(29) あきひら欲合殃事
(30) 唐卒都婆、血つく事
(31) 成村、強力の学士に会う事
(32) 柿の木に仏現ずる事
休題閑話 第二巻の適当訳後記

第三巻
(33) 大太郎盗人事(前半) (後半)
(34) 藤大納言忠家物言女、放屁の事
(35) 小式部内侍定頼卿の経にめでたる事
(36) 山ぶし舟祈返事
(37) 鳥羽僧正与国俊たはぶれ(前半) (後半)
(38) 絵仏師良秀家の焼をみてよろこぶこと
(39) 虎の鰐取たる事
(40) 樵夫、歌の事
(41) 伯母の事(前半) (後半)
(42) 同人仏事事
(43) 藤六の事
(44) 多田しんぼち郎等事
(45) いなばの国別当地蔵作さす事
(46) 臥見修理大夫俊綱事
(47) 長門前司女さうそうの時本所にかへる事
(48) 雀報恩事(上) (中) (下)
(46) 小野篁、広才の事
(50) 平貞文・本院侍従事(前半) (後半)
(51) 一条摂政歌事
(52) 狐家に火つくる事
休題閑話 第三巻の適当訳後記

第四巻
(53) 狐人につきてしとぎ食う事
(54) 左渡国に金ある事
(55) 薬師寺別富事
(56) 妹背嶋の事
(57) 石橋の下の蛇の事(前半) (後半)
(58) 東北院の菩提講の聖の事
(59) 三川の入道遁世の事(前半) (後半)
(60) 進命婦清水寺参事
(61) 業遠朝臣蘇生の事
(62) 篤昌忠恒等の事
(63) 後朱雀院丈六の佛作り奉り給ふ事
(64) 式部大輔実重賀茂の御正体拝み奉る事
(65) 智海法印癩人法談の事
(66) 白河院おそはれ給ふ事
(67) 永超僧都魚食ふ事
(68) 了延に実因湖水の中より法文の事
(69) 慈恵僧正戒壇築かれたる事
休題閑話 第四巻の適当訳後記

第五巻

(70) 四宮河原地蔵の事
(71) 伏見修理大夫の許へ殿上人ども行き向う事
(72) 以長、物忌の事
(73) 範久阿闍梨、西方を後にせぬ事
(74) 陪従家綱行綱、互ひに謀りたる事(前半) (後半)
(75) 同清仲の事
(76) 仮名暦あつらへたる事
(77) 実子にあらざる子の事(前半) (後半)
(78) 御室戸僧正事、一乗寺事(前半) (後半)
(79) ある僧人の許にて氷魚盗み食ひたる事
(80) 仲胤僧都、地主權現説法の事
(81) 大二条殿に小式部内侍歌読みかけ奉る事
(82) 山横川賀能地蔵の事
休題閑話 第五巻の適当訳後記

第六巻

(83) 広貴、炎魔王宮へ召る事
(84) 世尊寺に死人掘出す事
(85) 留志長者の事(前半) (後半)
(86) 清水寺に二千度参詣する者、双六に打入るる事
(87) 観音経、蛇に化して人輔け給う事(前半) (後半)
(88) 賀茂社より御幣紙米等給う事
(89) 信濃国筑摩湯に観音沐浴の事
(90) 帽子の叟、孔子と問答の事
(91) 僧伽多、羅刹国に行く事(上) (中) (下)
休題閑話 第六巻の適当訳後記

第七巻
(93) 五色の鹿の事(前半)(後半)
(93) 播磨守爲家の侍の事(前半)(後半)
(93) 三條の中納言水飯の事
(94) 検非違使、忠明の事
(95) 長谷寺参籠の男、利生に預る事
(96) 小野宮大饗の事、西宮殿富子路の大臣大饗の事(上)(中)(下)
(97) 式成、満、則員等三人滝口、弓芸の事
休題閑話 第七巻の適当訳後記

第八巻
(99) 大膳大夫以長、先駆の間の事
(100) 下野武正、大風雨日、参法性寺殿事
(101) 信濃国の聖の事(上)(中)(下)
(102) 敏行の朝臣の事(上)(中)(下)
(103) 東大寺華厳会の事
(104) 猟師仏を射る事
(105) 千手院僧正仙人
休題閑話 第八巻の適当訳後記

第九巻
(106) 滝口道則、術を習う事(上)(下)
(107) 宝志和尚、影の事
(108) 越前敦賀の女、観音たすけ給ふ事(1) (2)(3) (4)
(109) くうすけが佛供養の事(上) (中)(下)
(110) 恒正が郎等佛供養の事(上)(下)
(111) 歌よみて罪をゆるさるる事
(112) 大安寺別當女に嫁する男、夢見る事
(113) 博打聟入の事
休題閑話 第九巻の適当訳後記
 
第十巻
(114) 伴大納言応天門を焼く事(上)(下)
(115) 放鷹楽明暹に是季がならふ事
(116) 堀河院明暹に笛ふかさせ給ふ事
(117) 浄蔵が八坂坊に強盗入る事
(118) 播磨守定輔が事(上)(下)
(119) 吾妻人生贄を止むる事(1)(2)(3)(4)
(120) 豊前王の事
(121) 蔵人頓死の事
(122) 小槻当平の事
(123) 海賊発心出家の事(上)(中)(下)
休題閑話 第十巻の適当訳後記
 
第十一巻
(124) 青常の事(上)(下)
(125) 保輔盗人たる事
(126) 晴明を心みる僧の事
(127) 晴明蛙を殺す事
(128) 河内守頼信平忠恒をせむる事(上)(下)
(129) 白河法皇北面受領の下りのまねの事
(130) 蔵人得業猿沢池の竜の事
(131) 清水寺御帳たまはる女の事
(132) 則光盗人をきる事(上)(上)
(133) 空入水したる僧の事
(134) 日蔵上人吉野山にて鬼に逢ふ事
(135) 丹後守保昌下向の時致経父に逢ふ事
(136) 出家功徳の事

休題閑話 「今は昔」について
 
第十二巻
(137) 達磨天竺の僧の行を見る事
(138) 提婆菩薩竜樹菩薩の許に参る事
(139) 慈恵僧正受戒の日を延引する事
(140) 内記上人法師陰陽師の紙冠を破る事
(141) 持経者叡実効験の事
(142) 空也上人臂観音院僧正祈りなほす事
(143) 僧賀上人三条の宮に参り振舞の事
(144) 聖宝僧正一条大路をわたる事
(145) 穀断の聖不実露顕の事
(146) 季直少将歌の事
(147) 樵夫小童隠題歌よむ事
(148) 高忠侍歌よむ事
(149) 貫之歌の事
(150) 東人歌の事
(151) 河原院に融公の霊住む事
(152) 八歳童孔子と問答の事
(153) 鄭太尉の事
(154) 貧俗仏性を観じて富める事
(155) 宗行郎等虎を射る事(上)(下)
(156) 遣唐使の子虎に食はるる事


第十三巻
(161) 上緒の主金を得る事
(162) 元輔落馬の事
(163) 俊宣迷神にあふ事
(164) 亀を買ひてはなす事
(165) 夢買ふ人の事
(166) 大井光遠の妹強力の事
(167) 或唐人、女のひつじに生れたる知らずして殺す事
(168) 出雲寺別当の鯰になりたるを知りながら殺して食ふ事
(169) 念仏の僧魔往生の事
(170) 慈覚大師纐纈城に入り給ふ事
(171) 渡天の僧穴に入る事
(172) 寂昭上人鉢をとばす事
(173) 清滝川聖の事
(174) 優婆崛多弟子の事

休題閑話 第十三巻の適当訳後期


第十四巻
(175) 海雲比丘弟子童の事
(176) 寛朝僧正勇力の事
(177) 頼経蛇に逢ふ事
(178) 魚養の事
(179) 新羅国の后金榻の事
(180) 珠の価量り無き事
(181) 北面女雑使六の事
(182) 仲胤僧都連歌の事
(183) 大将つつしみの事
(184) 御堂関白御犬晴明等きどくの事
(185) 高階俊平が弟入道算術の事

休題閑話 第十四巻の適当訳後期


第十五巻
(186) 清見原天皇大友皇子と合戦の事
(187) 頼時が胡人見たる事
(188) 賀茂祭のかへり武正兼行御覧の事
(189) 門部府生海賊射かへす事
(190) 土佐の判官代通清、人たがひして関白殿に逢ひ奉る事
(191) 極楽寺僧仁王経を施す事
(192) 伊良縁の世恒毘沙門御下文の事
(193) 相応和尚都卒天にのぼる事附染殿の后祈り奉る事(上)(下)
(194) 仁戒上人往生の事
(195) 秦始皇天竺より来たる僧禁獄の事
(196) 後の千金の事
(197) 盗跖孔子と問答の事

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




 
 今は昔、主計頭に小槻當平(おづき・まさひら)という人がいて、
 その子供に、算博士に任じられている者があった。
 名を茂助という。
 今の主計頭忠臣の父親で、淡路守大夫史・泰親の祖父に当る人である。

 この茂助は、長く生きたなら、たいそう出世するに違いない男だったが、
 どうしてこのようなことになってしまったのか。
 茂助が出世すれば、主計頭、主税頭・助・大夫史などに、
 他家の人間が付くことが出来なくなってしまう――そんなふうに妬む者がいたのである。

 茂助は算博士であり、これは父祖からの職だし、
 当人に才能があり、心映えも優れていたから、
 六位でありながら、世上の評判も次第に高くなって行くのも当然だった。

 それゆえであろう。
 この茂助を、亡き者にしなければならぬと考える者がいると、
 あるとき、家の者へ告げる者があった。
 これを受け、茂助の方で、対応策を陰陽師に尋ねれば、
 きわめて厳重に斎戒、身を慎む日が書き連ねられたものを渡されたので、
 茂助はそれに従い、門を固く閉ざして、物忌みすることにした。

 これに敵方は。
 ひそかに陰陽師を招き、茂助が死ぬべき術をかけさせたところ、
 呪いをかける陰陽師が言うには、
「物忌みの日というのは、すなわち身を慎まなければならない日であり、
 つまりその日を狙って呪えば、大きな効果があるはずでございます。
 しからば、わたくしを連れて、相手の家へお出でになり、茂助をお呼びください。
 物忌みなので、門は開けないでしょう。しかし声さえ聞かれれば、必ずや呪詛の効果があります」
 それで、その陰陽師を連れて、茂助の家へと出向くことになった。

 そうして門を激しく叩けば、まず下人が門の内へ来て、
「誰だ。うちの門を叩くのは」
 と言うので、
「わたくしが、急なことにて参上いたしました。
 たいへん堅い物忌みとは存じますが、細く開けて、中へ入れて下さい。
 大事なことです」
 と言うので、下人はひとまず中へ戻って、
「このようなことですが」
 と報告すると、
「何とも不埒なことだ。世間で、こんなに相手の身の上を思わぬ人があるものか。
 決して入れてはならぬ。わしの方には用も無い。すみやかにお帰りいただけ」
 と、下人を通じて言うと、
「では門は開けずとも、その戸口より顔をお出しくだされ。わたくしが直接申し上げます」
 と言うので、これで茂助は死ぬべき運命にあったのだろう。

「何ごとだ」
 と、遣戸から顔を差し出した茂助の声を聞き、顔を見た陰陽師は、
 あらん限りの術で、茂助を呪詛したのである。

 そうして、会いたいと言っていた男の方は、
 たいへんな重大事だと言ってはみたものの、別に言うべきこともないので、
「実はこれから田舎へ参りますので、そのことを申し上げようと訪れたのです。
 さあ、では、もうお入りなさい」
 と言うので、
「大事なことでもなしに、このように人を呼び出すなど、ものも知らぬ御人だ」
 と、茂助はまた入った。

 それより後、いくらもしないうちに頭痛を覚え、
 三日を過ぎただけで、茂助は死んだ。

 そういうわけで、物忌みの折には、声高に、他人に会ってはいけないものである。
 このような呪詛をする人は、こういう隙に付け入って術をしかけるのであり、
 まことに恐ろしいことである。

 だが茂助を呪詛させた人も、いくらもしないうちに災いに遭い、死んだらしい。
「罪を負ったのだ。あさましいことではないか」
 そう人々は語り合ったという。





原文
小槻當平事
いまは昔、主計頭(かずへのかみ)小槻當平といふ人ありけり。その子に算博士(さんはかせ)なるものあり。名は茂助となんいひける。主計頭忠臣が父、淡路守大夫史(あはぢのかみ・たいふのし)奉親が祖父(おほぢ)也。生きたらば、やんごとなくなりぬべきものなれば、いかでなくもなりなん。是が出たちなば、主計頭(かみ)、主税頭、助、大夫史には、異(こと)人はきしろふべきやうもなかんめり。
なりつたはりたる職(さかり)なるうへに、才かしこく、心ばへもうるせかりければ、六位ながら、世のおぼえ、やうやうきこえ高くなりもてゆけば、なくてもありなんと思ふ人もあるのに、この人の家にさとしをしたりければ、その時陰陽師に物をとふに、いみじく重くつゝしむべき日どもを書きいでて、とらせたりければ、そのまゝに、門をつよくさして、物忌して居たるに、敵の人、かくれて、陰陽師に、死ぬべきわざどもをせさせければ、そのまじわざする陰陽師のいはく、「物忌してゐたるは、つゝしむべき日にこそあらめ。その日のろひあはせばぞ、しるしあるべき。されば、おのれを具して、その家におはして、よび出で給へ。門は物忌ならばよもあけじ。たゞ聲をだに聞きてば、かならずのろふしるしありなん」といひければ、陰陽師を具して、それが家にいきて、門をおびたゞしくたゝきければ、下種(げす)いきでて、「たそ。この門たゝくは」といひければ、「それがしが、とみのことにて参れるなり。いみじきかたき物忌なりとも、ほそめにあけて入れ給へ。大切のことなり」といはすれば、この下種男、歸入て、「かくなん」といへば、「いとわりことなり。世にある人の、身思はぬやはある。え入れ奉らじ。さらに不用なり。とく歸り給ね」といはすれば、又いふやう、「さらば、門をばあけ給はずども、その遣戸から顏をさし出給へ。みづからきこえん」といへば、死ぬべき宿世にやありけん。「何ごとども」とて、遣戸から顏をさしいでたりければ、陰陽師は、聲を聞き、顏をみて、すべきかぎりのろひつ。このあはんといふ人は、いみじき大事いはんといひつれども、いふべきこともおぼえねば、「たゞ今、田舎へまかれば、そのよし申さむと思ひて、まうで來つるなり。はや入り給ね」といへば、「大事にもあらざりけることにより、かく人を呼び出て、物もおぼえぬ主かな」といひて入りぬ。それよりやがて、かしらいたくなりて、三日といふに死にけり。
されば、物忌には、聲たかく、餘所の人にはあふまじきなり。かやうにまじわざする人のためには、それにつけて、かゝるわざをすれば、いとおそろしき事なり。さて、其のろひごとせさせし人も、いくほどなくて、殃(わざはひ)にあひて、しにけりとぞ。「身に負ひけるにや。あさましき事なり」となん人のかたりし。




適当役者の呟き
平安京の闇。犯人と茂助は、知り合いだったのでしょうかね。。

小槻當平:
おづき・まさひら。主人公はこの人の息子ですが、この當平さんが名高かったため、こういう題名になっているのでしょう。
阿保今雄(あぼ・いまお)という人の息子で、雄琴神社というところに、父親を「今雄宿禰命」として祭ったくらい有能且つ、算道を究めた人だったと思われます。
 阿保今雄-小槻當平-主人公・茂助-主計頭・忠臣-淡路守大夫史・泰親
こういう親子5代になるようです。
時代的には、応天門の変から十数年後。藤原基経が、史上初の関白になったあたりの人です。

算博士:
大学寮で、算道を教える人なので、今でいう数学教授。
算道を勉強した下級官僚は、「算師」として、京都勤めをしたり、各地の役人として勤務しました。
平安中期以降は、算博士は、必ず主税寮か主計寮の頭か助を兼務していたとwikipediaにあります。
そういう算道を究めた小槻一族の祖・阿保今雄が、神様扱いされるほどなので、「算道」は、単なる読み書きそろばん以上に、相当な特殊技能だったのだと思われます。
ちなみに、雄琴神社は、滋賀県大津市雄琴にありまして、学問の神様として知られているようです。とりわけ数学には強いはずです。











 

拍手[4回]

PR


記事にコメントを残す
名前
コメント
編集用   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]